2020年の総括!本年も有難うございました!

テトラ前打ち最高!
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 847

さて、いよいよ今年も残すところ僅かとなりました。

今年は昨日釣り納めを済ませたので毎年恒例の大晦日の釣行は休みにして、家で大掃除やタックルのメンテナンスをしたりしてのんびりと過ごしております。

今回はせっかくなので今年の振り返りをして見たいと思います。

1月~4月

今年は元旦に釣りハマのローレル氏と一緒に地元西宮でツボゲーで釣って開幕。

今年の1月は真冬にもかかわらずフジツボの上層アタリを楽しめました。

1月はツボゲーをしつつテトラ前打ちに励みましたね。

2月には昨年末に覚えた牡蠣のかぶせ釣りでしまなみ海道の大三島まで遠征。

何とか小さいながらも目標だったコブダイをゲット。

年明けにはぼちぼち牡蠣をかぶせねばと思ってます。

2月下旬にはTeam BJ Sniperの交流会で自身初となる南港のセル石に渡堤。

ノーアタ坊主を喰らいましたが雑誌やYouTubeでよく見た景色に感動しました。

そういえばワタクシTeam BJ Sniperの会員だったんですよね…。

TeamBJの交流会は最初の3回参加しただけでその後は見送りました。

だってワタクシ普段はシマノのリンユウサイばかり使ってますし、参加者の方は本気でダイワのBJ Sniperを愛する人たちばかりの集まりだったのでなんだか申し訳なくってしまって…。

参加者の方は皆さん熱くて楽しい人たちばかりなのでダイワ製品が好きで交流会に興味をお持ちの方は是非とも思い切って参加してみて下さいね!

雑誌やネットで見かける有名人の方とお近づきになれるチャンスかもしれませんよ♪

 

そういえば今年の春はノッコミフィーバーには遭遇出来ませんでしたね。

4月に入り緊急事態宣言が発令されました。

そして4/17から5/31まで西宮の自宅で在宅勤務をすることに。

未知の目に見えないウィルスに対する恐怖、自粛警察マスク警察やらで息苦しい生活を強いられたことが印象深いです。

これを受けて緊急事態宣言が解除されるまでTwitterとブログは自粛することにしました。

しかしオフラインでは在宅勤務を良いことに感染症対策をしっかりと施して仕事前に近所のポイントへ連日朝錬に出撃w

週4~5回ペースで釣りをしてました(;´Д`)

5月~8月

自粛期間中には何度か沖堤防にも出撃しました。

今年は4月後半からイガイが付き始め5月下旬まではひたすら目印でイガイドリフトの練習。

仕事の空き時間には目印も量産し今思えば天国のような生活でした。

5/17にアマピーでヘチ釣りでツ抜けたことをきっかけにヘチ釣りに傾倒することに。

ここからひたすらヘチ釣りの日々を送ります。

5/21西宮にて第一次梅雨爆開幕。

仕事前の2時間チョイで11枚と個人的爆釣を体験。

ここからさらに釣行頻度が上がることにw

5/22に兵庫県の緊急時短宣言が解除されたことでTwitterとブログも再開。

5/31まで釣り続け、結果的に5月だけで17回出撃の67枚の釣果を上げました♪

5月後半はキビレ祭りが頻発してキビレの比率が急増したのが印象に残ります。

ちなみに今年の西宮のイガイは6/20頃に降った大雨の影響でほとんど落ちてしまいました。

毎年落ちるベースが早くなっていて困ったものです。

6/1より岡山に戻りました。

西宮での朝練生活のクセが抜けず岡山でも朝練を経てダブルヘッダーで夕方も出撃することにw

今年の児島湾は地元で昔から釣りをしておられる落とし込み師の方曰く、こんなに釣れるのは初めて!!というくらいのアタリ年。

連日釣れに釣れまくりました。

7月2週目をピークに釣れなくなってしまいました

その後調子が上向くことは無く、児島湾では8月を最後にほぼ竿を出すのを止めてしまいました。

7月の海の日の3連休には毎年恒例の徳島遠征で津田ジャンボに3日連続で出撃。

しかし過去最高に渋いタイミングに当たってしまったようで全く振るわず。

来年こそは爆釣したいものですね。

8月には北港スリットに出撃。

河内のマスター氏と行ったこの時の釣行が今年一番楽しかった釣行ですね。

4年前にマスターと一緒に北港スリットに足繁く通っていた時期が冬場の渋い時期でして、これまでスリットではほとんど釣ったことがありませんでした。

今回、初めて一時は入れ食いの勢いで釣れて、しかもマスターも一緒に釣ってワイワイ楽しく釣りが出来ました。

そして今年のイガイの釣りのピークがお盆に盟友ローレル氏とご一緒させて頂いた北港スリット~武庫川一文字ランガンしての丸1日釣行でした。

武庫川一文字で常連の方と思しき軟調竿を操る落とし込み師が釣る中、足場の高い外向きをヘチタックルで強風に対応出来ずに2枚と不甲斐ない釣果で悔しい思いをしました。

その後、すぐにロ氏が目印でリベンジを果たされて自分のことのように嬉しかったです。

この釣行を終えたタイミングでイガイの入手が困難になり、今まで夢中になっていた落とし込み釣り熱が急激に冷めていくのが自分でも分かりました。

9月~12月

9月よりフジツボ餌をメインに使い始めました。

この時の釣行で常連のK氏からサクラ貝ことウスカラシオツガイなる餌を教えていただきました。

初めて使ってみたところ、それまでフジツボでアタリが無かったのがウソのようにアタリ出し、良型黒鯛を仕留めることに成功しました。

結局、この餌はこの時の釣行一度のみしか使えず。来年こそは自分で採取して使ってみたいと思います。

10月に入り坊主で終えることも増えてきました。

今年の5~7月に良い思いをし過ぎたので渋い時にモチベーションを保てなくなってしまいました。

11月に入りテトラ前打ちがメインに。

テトラだけは裏切らないので好きです。

12月末の今の時期でもテトラなら落とし込み釣り(総称)でチヌが釣れるですから、食わず嫌いは勿体無いと思いますよ♪

※危険な釣りなのでやってみようと思った方はライフジャケットの着用やハイパーVソール等の滑りにくいシューズを履いて安全対策を万全に取ってからチャレンジしてみて下さいね!

データ

月別釣果

2020年月別釣果

釣行回数枚数
1月613
2月510
3月49
4月814
5月1767
6月1179
7月1373
8月529
9月25
10月12
11月57
12月36
合計80314

30cm以上のマチヌの釣果を月別に集計してみました。

釣行回数は坊主の時をカウントしていないのと、何枚か数え忘れているので正確ではありませんがほぼほぼこの数字に相違は無いかと思います。

2019年が190枚だったので大幅に伸びました。

そりゃ在宅勤務時に連日出撃していたわけですから釣って当然ですよね。

基本1回の釣行が平均で2時間前後の短時間が多いので、ワタクシの今の力量ですとこのくらいが限界かなと。

グラフにしてみると改めて5月~7月の3ヶ月間が釣れていたのが見て取れます。

自分ではめちゃくちゃ釣った気しかしないのですが、Twitterでは1393枚釣る猛者も居られるので恐ろしいですねw

釣り方別釣果

釣り方釣行回数枚数
ヘチ33177
目印2799
前打ち2038
合計80314

釣り方別にはこんな感じです。

ヘチ釣りが圧倒的に釣ってますね。

仕掛けがシンプルな分、手返しが良いので目印に比べて釣果を伸ばし易いですよね。

晩秋~春にかけては前打ちをメインでやっているのですが釣行の割合で見ると一番釣果が少ないですね。

渋い時期に釣っているとは言え、自称『テトラ前打ち師』としてもっと精進せねばと思います♪

竿別釣果

 

竿枚数
HF39-4599
M30078
S28077
銀治郎H30022
HHF-5318
HHHF-6311
T-53UM8
BJコマンダー1
合計314

竿別にはこんな感じでした。

単独ではオトスペが一番でした。

ちなみに銀治郎H300はもう使わないので手放しましたw

エリア別釣果

2020年エリア別釣果

エリア釣行回数枚数
大阪湾61171
児島湾19143
合計80314

ざっくり大阪湾と児島湾の釣果も比較してみました。

児島湾がとにかくたくさん釣れて楽しかったです♪

まとめ

quapni reel

というわけで12月で6年目に突入したこのブログでは初めてまともな総括記事を書いてみました。

改めて数字で見ると感慨深いものがありますね。来年はキビレ率や坊主率も集計してみましょうかね♪

 

さて、今年は台湾のQuapni社のモニターを勤めさせていただくことになり、自身の落しこみ釣りキャリアにおいて大きな転機となる1年でした。

また釣り場やTwitterを通して新たな出会いがあった1年でもありました。

新型コロナウィルス変異種や鳥インフルエンザの動向が気になるところですが、感染症対策をしっかりと行って2021年も思いっきり落とし込み釣りを楽しみたいと思います。

 

ブログのほうは記事の更新頻度の浮き沈みが激しいですが負担にならない程度にぼちぼちと書いて行こうと思いますので読んで頂けると幸いです。

 

それでは皆さん、本年も大変お世話になりありがとうございました。

来年も当ブログ「くろこう.net」をよろしくお願い致します。

 

野々宮

タイトルとURLをコピーしました