年末大寒波襲来!!6.3mの長竿でスーパー爆風テトラ前打ち!

尼崎湾奥
この記事の所要時間: 55

さて、今日は寒波襲来の影響で強烈な爆風でしたね。

ホントは行くつもりは無かったのですが、昼からちょこっと時間が出来たので仕方なく昨日と同じところに出撃してきましたw

ドラム

連日のサワムラさんです。ようやく店員さんとも阿吽の呼吸が出来るようになってきました。

昨日のコガネとカニが若干残っていましたが弱っていたので買い直します。

とりあえずコガネ300円カニ20匹を購入。

道中にある工場の煙突から煙が直角に排出されているのが確認できます。

強烈な北西風が吹いているようです。

風裏の鳥に行こうかとも思いましたが昨日の成功体験が忘れられず北西風直撃のドラムへと向かいますw

尼崎湾奥

14時過ぎにポイント着。

自身過去最高クラスの超絶爆風が吹いていますww

当然誰も居らず貸し切りです。

とりあえず仕掛けを準備します。

カニのつけ方

まずはカニから。

針のチモトに3Bを打って仕掛けを投入してみますが風に押し戻されて前に飛びません(;´Д`)

追加でハリスに遊動式で5Bを打ち再度投入!

なんとか仕掛けを着水させることに成功しました。

少しでも風に対して側面を向けると竿が風を受けて持って行かれるので、風に対して垂直になるように竿を捌き仕掛けを際穴に流し込んで行きます。

仕掛けを馴染ませたら穂先を水面に浸けるくらい近づけて道糸が受ける風の影響を回避します。

 

これが強風時に6.3mの長竿を使用するメリットなんですよね♪

※当然、竿を保持する腕は大変ですけどw

 

テトラ周辺は潮が巻き上げられてババ濁りです。その濁った状況でも分かるくらいチヌが群れているのが確認出来ます。

このシャローエリアに非難しているかのようです。

 

何度か仕掛けを打ち返していると穂先を押さえ込むアタリでヒット!

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

45cm有るなしでした♪

風で竿とタモが煽られてタモ入れがめちゃくちゃ大変でした。

やはり魚の警戒心は薄れているようで食い気は立っているようです。

ずっと強風に当たって疲れてきたので少し休んでから再開。

するも息が出来ないほどの強風(;´Д`)

さすがに身の危険を感じたので一旦竿を置いて非難します。

※後で確認したら18.5m/sくらい吹いていたようです!

 

たまに風が弱まる瞬間があるのでそのタイミングで竿を出しては、強風で非難を繰り返します。

青コガネの付け方

カニと青コガネをローテーションすると青コガネのほうがよく当たります。

尻尾を齧られるだけで針まで食い込ませることが出来ないのは、竿が風に煽られて仕掛けを不自然に動かして違和感を与えてしまっているのかもしれません。

ラインスラッグを多めに出して穂先を水中に入れて対応します。

するとビクビク当たりからの穂先に重みが乗ったところを合わせてヒット!

40cm弱くらいの可愛いサイズでしたが何とか2枚目をゲット!

またもやタモ入れに梃子摺ってしまいました。

この後も風が弱まるのを待って釣りを続けますが弱まりません。

しばらく待ってみても弱まる気配が無いので納竿としました。

まとめ

何とか2枚釣ることができました。

この爆風で当たりが出せたのは6.3mの前スペだったから、と思いたいですw

本当はこんな強風の日にテトラは危険なので皆さんは真似しないでくださいね(;´Д`)

今日の濁りが残るであろう大晦日の明日も出撃して釣り納めにしようと思っていますが、明日も爆風っぽいので今日釣れたし今日で釣り納めということにしましょうかね。

とにかく、冬に落とし込み釣り(総称)でチヌを釣りたいならテトラ前打ちが鉄板ですぜ♪

 

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

1

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

2

本日のタックルはこちら

タックル

シマノ(SHIMANO) 磯竿 ロッド Rinyusai MAEUCHI SPECIAL(りんゆうさい まえうち スペシャル) HHHF63 黒鯛 前打ち

ランディングツール

  • タモの柄:プロックス磯玉の柄 小継 剛 FE-X4 700
  • タモジョイント:昌栄(SIYOUEI) フレックスアーム VerII
  • タモホルダー:バレーヒル(ValleyHill) 小継タモステーII ブラック
  • 玉枠:昔フィッシングマックスで買った安物のティアドロップタイプのMサイズ
  • ランヤード:ノーブランド

装備品

タイトルとURLをコピーしました