黒鯛(チヌ)の落とし込み釣りに必要な道具・装備まとめ

30SNIPER'sミーティング
この記事の所要時間: 1149

さて、今回は落とし込み釣りを始めるにあたって必要な装備をまとめてみました。

色んなこだわりを持って好みのタックルや道具を集めて行くのが釣りの醍醐味ですが、初心者の方向けにワタクシが使用しているものを中心にご紹介して行きます。

細かいところまでピックアップしましたので、最初に道具を揃えていく際の参考になれば幸いです。

タックル

竿

現在メインで使用している竿は以下のとおりです。詳細は過去記事をご参照ください。

目印

ヘチ

前打ち

SHIMANO RINYUSAI MAEUCHI SPECIAL  リンユウサイ 前打ちスペシャル HHF-53 UROKODO CUSTOM

UROKODOのヨーヘイ氏によってテレガイドにカスタムして頂いたものを使用しております。

リール

現在メインで使用しているリールは以下のとおりです。詳細は過去記事をご参照ください。

目印

【タイコリール大好き】ダイワ シーマチック68
それまで落とし込みでメインリールとして使用していた鱗夕彩Esplaty67。時々糸がシャフトに絡むことがありましたが、特に不満もなく使用しておりました。去年の夏頃より、そろそろ新しいリールが欲しくなり、ヤフオクで物色していたところ見つけたのが、このシーマチック68でした。 当時、ダイワの竿を使用していたこともあり、

ヘチ

【タイコリール大好き】プロマリン 海将黒鯛 KA-87G
さて、今回はヘチ釣り用に購入した、プロマリンPRO MARINE 海将黒鯛(かいしょうくろだい) ゴールド KA-87Gについてご紹介します。それまで、ヘチ釣り用のリールはシマノ 鱗夕彩Esplatyヘチを使用しておりました。前回の記事でも書きましたが、このリールの回転性能に不満を持っておりました。

前打ち

quapni camellia85t cal-85-gd

当初ヘチ釣りに使用していたQUAPNIのCAMELLIA85Tを使用しております。

タモ

【玉網】落とし込み・ヘチ釣りに使いやすいタモはこれ!【タモの柄】
さて、今回はワタクシの愛用するタモについてご紹介します。 玉網、タモ網、ランディングネット、玉の柄、タモの柄、ランディングシャフトなど、さまざまな呼称がありますが、この記事ではこれらをひとまとめにして「タモ」と記述しますよ。

落とし込み釣りで黒鯛を狙うならタモは必須です。持ち歩くことになるので、軽くてコンパクトなものが使いやすいと思います。

仕掛け

伊勢尼

目印・ヘチ・前打ちの種類に関わらず、伊勢尼の6号~12号くらいまでのサイズを常備しております。よく使用するのは6~8号です。

ワタクシが落とし込み釣りで使用するエサはイガイ、フジツボをメインにサブでカニの3種です。これらのエサの大きさに応じてサイズを選択します。

マイクロイガイ

他にもいろんな針を試してみましたが、最終的に伊勢尼に落ち着きました。

ハリス

トヨフロン Lハード

価格が安く、どこの釣具店でも容易に入手可能なトヨフロンのスーパLハードを愛用しております。太さは0.8~3号までを常備しております。

太仕掛けが好きなので、かつては目印・ヘチ、風や潮に関わらず1.7~2号を好んで使用しておりました。

最近になり、フロロカーボンのハリスは比重が重く水に沈むという特性があることを学びました。エサを縦に落とすのか、それとも目印を使って横に這わせるのか、状況に応じて太さや長さを選択するようにしております。

オモリ

ガン玉

ガン玉

ガン玉のメーカーにこだわりはありません。その時の気分で購入しております。

ガン玉ケース

メインで使用するG1~5Bまでは昔ながらの菊型ケースに入れて携帯しております。

G2~G8までのサイズはワタクシはほとんど使用しないので、別のケースでポーチに入れております。

糸オモリ

糸オモリ

イガイの内オモリに必須の糸オモリは第一精工のチューニングシンカー0.8mmを使用します。手でも切れるので使いやすいです。

糸オモリ

とくに巻いた糸オモリをペンチで潰したりしなくても挿入できます。

1mmも試してみましたが、オモリの径が太くなったぶんイガイに挿入しにくくなり、使い辛いのでワタクシには合いませんでした。

目印

marker-rig (3)

自作のものを使用しております。

目印を始めた当初はがまかつの既製品を使用しておりました。初心者の方はとりあえず既製品を使用して感触を確かめてみても良いと思います。

しかし、自作をするようになると、既製品が如何にコスパが悪いか実感することになると思います。

 

参考記事

失敗しない!黒鯛(チヌ)落とし込み釣りの目印仕掛けの作り方
さて、今回は目印仕掛けの作り方についてご紹介します。 先日の釣行で荒れた海に対応できる浮力を抑えた沈む目印が欲しいと思っていたので、このたび作ってみることにしました。せっかくなので、ワタクシなりの作り方をご紹介します。 今回...

 

サルカン

目印や前打ちでは使用しませんが、ヘチ釣りの際に使用しております。なるべく小さいものが良いように思います。

サルカンの使用については賛否有りますが、使っても釣れるので好みで使用されるとよいかと思います。

道糸

道糸

道糸は人によって大きく好みが分かれるところかと思います。

色んな道糸を使用してきましたが現在は以下のものを使用しております。ヘチではPEラインを使用しておりますが、穂先に絡みやすく、初心者の方にはあまりオススメ出来ません。

目印

ヘチ

前打ち

小物類

エサ箱

【木製エサ箱】俺の使ってるカニ桶晒すわ【箱正】
さて、今回はワタクシが使っている餌箱の話。 早く来い来いイガイシーズン 現在ワタクシが釣りをしている西宮周辺のエリアでは、ようやくイガイの稚貝が付き始めた状況です。1枚掛けで使用出来るようになるのはもう少し先になりそうです。 現在...

最近はもっぱらダイワのクールベイトを使用しております。ベルトに装着出来るタイプのものが使いやすいです。

フィッシュグリップ

悔しいが黒鯛工房のフィッシュグリップRG200が使いやすすぎた
フィッシュグリップといえば、無くても支障はないけど、あったら便利というツールの代表格みたいなものですよね。これがあれば、針を外すときや、リリースの際に魚体を傷つけずにすみますし、何より、写真撮影の際にカッコいいアングルで撮影することができますしね。

こちらは無くても釣りに支障はありませんが、あれば便利、という道具の代表みたいなものです。魚体に触れずに針外しからリリースまでスムーズに行うことが出来ます。

プライヤー

TOP工業のステンレスラジオペンチが一向に錆びる気配がないのだが
落とし込み釣りを始めた当初、とにかく錆びにくくて、頑丈なプライヤーを探しておりました。釣具メーカーのプライヤーは、在り来たりの感じが嫌で、全く興味がありませんでした。そこで、工具メーカーのもので釣りに使用が出来る防錆を謳ったものはないかと調べてみたところ、TOP工業のステンレスラジオペンチSRA-150Bに出会いました

魚から針を外す際や針にガン玉を打つ時に使用します。先曲がりタイプのものが使いやすいです。

海水で使用するので、ステンレス製の防錆タイプのものを選んでおくと長く使用出来ます。

メジャー

「爆釣メジャー」対応「DRESSキーホルダー」を使ってみた
元日に購入したスマホのDRESSアプリ、KK氏も随分前から使用されており、ワタクシも気になっていた商品でした。正月のセールで安くなっていたので購入してみました。早速、先日の北港スリットで使用してみましたよ。

ストリンガー

たまや渡船さんの大物賞狙いのために購入しましたが、一度も使用しておりません。もはや落とし込みベルトに装着するアクセサリーと化しております。

やはり、リリースする黒鯛をストリンガーに繋ぐのには抵抗があります。

クーラー

 

spaza (1)

沖堤防に釣行の際、釣った魚を入れるためではなく、冷たい飲み物や食料を持ち運ぶために使用しております。普段の釣行では使用することはありません。

ライムグリーンとグレーのデザインがカッコよくてお気に入りです。

 

水汲みバケツ

タカ産業   210-角 こぼれにくいバケツ  18cm  白

主に採取したイガイを保管しておくために使用します。採取したイガイが汚れている場合に洗浄のためにも使用することがあります。普段の釣行ではあまり使用しません。

タカ産業   210-角 こぼれにくいバケツ  18cm  白

ワタクシの愛用するタカ産業の「こぼれにくいバケツ」はその名の通り、汲んだ水がこぼれにくい構造になっていています。さらに、折り畳むことが出来るので持ち運びにも邪魔にならないのでお気に入りです。

 

ピンオンリール

ライジャケやバッグにピンで穴を開けるのが嫌だったので、こちらのフック式リールをライジャケのD管に取り付けて使用しております。

このリールには以下のものを取り付けております。

ハサミ

ラインカッターも使用しておりましたが、すぐに切れ味が悪くなるので、嵩張りますがこちらのハサミを使用しております。シーバス釣りの頃から愛用していて、今使用しているのものでかれこれ4~5本目になります。

ヘチ釣りで使用するPEラインもスパスパ切れて、とても使いやすいです。

快適ガン玉はずし2

ガン玉の脱着にはこちらの快適ガン玉はずし2が使いやすくて便利です。リールに取り付けるリングが付いているので、落とす心配もありません。

フックシャープナー

hook-sharpener

針先の鈍りはバラシの原因となります。針をこまめにチェックして研いでおくと安心です。

イガイ取り器

【エサ掻き】俺の使ってるイガイ取り器晒すわ【ヤマワ】
ワタクシが愛用しているイガイ取り器3種をご紹介します。どれもネットショップや実店舗で入手しやすい商品です。イガイのシーズン=落とし込み釣りの最盛期にはいかに効率よく餌が採取できるかで釣果が変わってきます。また、歩き回って釣る落とし込み釣りにおいて使用後の持ち運びやすさもポイントです。星評価でインプレしてみました。

イガイシーズンにエサ屋でイガイが販売されることが少ない阪神間で釣りをするにあたって、イガイ取り器は必須です。携帯性に優れたヤマワのハンディーイガイ取りをメインに使用しております。

服装

ライフジャケット

モンベルのフローティングベスト、アングラー着用時の安心感は異常
落とし込み、ヘチ釣りという歩き続ける釣りにおいては身軽な装備が求められます。そこで、人とは違う少し捻った、落とし込み、ヘチ釣りに最適なライフジャケットを探していて、見つけたのが今回ご紹介する、モンベルのカヤックフィッシング用フローティングベスト「アングラー」でした。

持ってない方はまず最初にライフジャケットを購入すべきです。ライフジャケットの着用は海辺に立つ者の義務ですよ。

帽子

CA4LA デニムハット

日よけのためだけではなく、頭部を保護するためにも必ず着用しております。CA4LAのハットがお気に入りです。

偏光サングラス

【メガネユーザー必携】偏光オーバーグラスが捗りすぎて手放せない
最近は専ら目印を使用しないヘチ釣りに傾倒しているワタクシ。糸ふけの変化でアタリを取るのこの釣りにおいて、水面のギラツキは大敵です。今回は、若干季節外れな感じがしますが、メガネっ子野々宮が愛用するAXE オーバーサングラス 偏光レンズ シャイニーブラック×スーパースモーク SG605P-BK-SSMについてご紹介します。

繊細なアタリを目視で取る落とし込み釣りにおいては、偏光サングラスは必須アイテムと言えます。ワタクシはメガネユーザーなのでオーバーグラスタイプのものを愛用しております。

目を保護する役割も有ります。

グローブ

 

パズデザイン フィッシンググローブ パズデザイン 5フィンガーレスグローブ SP M ホワイト SLG-14

UROKODOステッカーとお揃いのパズのグローブ♪

手の保護のために着用しております。特にテトラポットでは手を着いて昇り降りするので必須です。

シューズ

テトラで前打ちするならハイパーVソール買っとけ、捗るぞ
先日、念願のテトラポットでの前打ちデビューを果たしました。参考記事【西宮】テトラポット登っててっぺん先睨んだ結果!残念ながら魚を釣ることはできませんでしたが、テトラポットを渡り歩きながらエサを投入して今か今かとアタリを待つ釣りはとてもスリリングで興奮しました。

もはやテトラポットでの釣りにはこのシューズが必要不可欠です。一度履くと他のシューズを履いてテトラポットに登ろうとは思えなくなります。

日進ゴム ハイパーV たびぐつ #1000 

最近あらたにスリッポンタイプのたびぐつを購入しました♪

レインウェア

ゴアテックスのレインウェアを洗濯機で洗ってみた
昨日は釣りの予定をキャンセルして1日家でゆっくり過ごしました。 天気も良かったので、前日の雨の中での釣行で使用したゴアテックスのレインウェアを洗ってみることにしましたよ。 購入してから何度か着用しておりましたが、これまで一度も洗ったことがなかったですしね。

雨の日に釣行することが好きなので、快適に釣りをするためにレインウェアには拘っております。

ドリンクホルダー

【nalgene】夏の水分補給にナルゲンボトルを買ってみた
いよいよ6月に入りました。例年ですと、地元西宮エリアでは岸壁に付いたイガイが1枚掛けで使えるくらいに成長している時期なのですが、今年は残念ながら付きが悪いようです。楽しみにしていたイガイの釣りを楽しむためには、今のところ沖堤防に渡るなり遠征...

ナルゲンボトルとは別にライジャケにもドリンクホルダーを付けております。こまめな水分の補給のためにも準備しておくと便利です。

収納

落とし込みベルト

LINHA(リーニア)ライトロッドベルトが落とし込みベルトに最適
落とし込み釣りを始めた当初は、ベルトは使用せず、ウエストバッグを使用しておりました。釣り場で他の落とし込み師の方を見るにつけ、多くの方が落とし込みベルトを腰に巻き、背中にタモを挿すスタイルで釣りをされておりました。ウエストバッグでも釣りに支障はありませんでしたが、ワタクシも落とし込みベルトが欲しくなるのは当然の流れでし

残念ながら、ワタクシの愛用するLINHA(リーニア)のライトロッドベルトは旧モデルで現在は後継機種のタイプ2が販売されております。

ポーチ

斜め掛け用

nalgene(ナルゲン) HDボトルケース0.5L用 BL(ブルー) 92251

財布、モバイルバッテリー、サングラスケース、日焼け止めなど、釣り以外の小物類はウィルダネスエクスペリエンスのポーチに入れて斜め掛けで携帯しております。

収納スペースも大きくてお気に入りです。

 

落とし込みベルト用

MSB-10 ATTACHMENT POUCH TYPEⅡ

予備のハリスや針、イガイ取り器など、釣りに直接必要な小物類は落とし込みベルトに取り付けたポーチに収納しております。

まとめ

これら全てが必要ではありませんが、こういうものを使用して釣りをしている人がいる、と参考程度に考えていただけると幸いです。

こちらの記事は自身の備忘のためにも随時更新して行きます。

タイトルとURLをコピーしました