やっぱりヘチで釣りたい!真冬の温排水流れる水路でツボゲーの結果!

CAMELLIA 山茶 CAL-85TH-RD 魔力紅
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 810

さて、今週末は岡山滞在週です。

今回は最近ちょこちょこ竿を出している西(岡山から見て東w)の温排水が絡む水路でヘチ釣りをしてきました♪

1月16日(土)中潮

温排水ポイントまで岡山から車で1時間チョイ。

土曜日に仕事終わりで夕マヅメのタイミングを狙って急いで出撃!

15時過ぎにポイント着。

先行者が1名水路を探っておられたので邪魔にならない対岸に入りました。

さぁ仕掛けを準備しようと車のトランクを開けると…。

 

 

なんとロッドケースごと竿を家に忘れる大失態www

釣りたい気持ちが強すぎて前のめりになっていたんでしょうね(;´∀`)

車から降ろしていたのを忘れて積んだ気になっていました。

釣り場に竿を忘れたのは今回で4~5回目くらいですかね?

歳を取ってボケてきたのか時々やらかしてしまいますw

結局中途半端な時間帯でしたがまっすぐ家に帰るのは悔しいので、帰り道に有るカキオコの有名なお店でお好み焼きを食べて帰りました♪

1月17日(日)中潮

午前の部

翌日曜日、この日は朝マヅメが干潮のタイミングで壁では釣りづらい潮回り。

そこで当初は早起きして姫路のテトラまで足を伸ばして午前中は前打ちをしようと思ってました。

が、日曜日の朝目覚めたのが7時半過ぎ!!

オモクソ寝坊してしまいました(;´∀`)

まぁ爆風で寒いし行っても釣れる気がしなかったので起きられなかったんでしょうねw

急いでも潮が低くて釣りにならないはずなのでゆっくりめに出発。

前日から大きく気温が下がって肌寒いです。

さらに西風も強く吹いているので海辺はヤバそうな感じ…。

9時半過ぎにポイント着。

水路の対岸に1名先行者が入っておられます。

フジツボの付け方

沖寄りストラクチャー付近に入って小さめのフジツボ2個付けで落とし始めます。

CAMELLIA 山茶 CAL-85TH-RD 魔力紅

さてと、始めるか

潮位が低く顎下にヤイタが露出しています。

振り子の原理でヤイタにフジツボをぶつけるようにして投入していきます。

潮は笹濁りが効いていて雰囲気は悪くは有りません。

すると前方にスピニングタックルで対岸の壁を狙ってキャスティングしているルアーマン!?と思しき後攻者が物凄い勢いでこちらに近づいてこられます。

 

 

野々宮
野々宮

ちょ、頼むから近寄ってこんといて(;´Д`)

 

と必死に目を逸らしていると話しかけられました。

 

「壁によーけチヌが貼りついてまっせ♪」

 

なんと、ここの地主A氏でした!

A氏、フジツボのキャスティングで水路対岸の壁に付いた魚を狙っておられたようでした♪

 

 

A氏とお会いするのは3年弱くらい前の飾磨沖以来ぶりです。

先日ワタクシのツイートを見てポイントを察せられたA氏からDMを頂きました。

色々と情報を教えていただいてその時に日曜日にここに来ることをお伝えしていました。

 

『もしかしてお会いできるかも!?』

 

とは思っていたのですが本当にお会いすることができました♪

まだジアイ前(であろう)ということもあってしばし竿を置いて雑談。

タックルの記念撮影やこのポイントについて色々と貴重な情報を頂きました♪

 櫻井釣漁具 限定別誂金剛夕なぎ SHADOW MASTER 280

A氏のシャドウマスター280♪

足場が狭いこのポイント。

A氏と二手に分かれて探って行きます。

ジアイは恐らく潮位が上がる昼前後。これからよくなるはずと信じてひたすら探って行きますがアタリがまったくありません。

たまに竿下を泳ぐ魚が確認出来ますがやる気は感じられません。

A氏は沖寄りストラクチャー周りを探って2回掛けるもバラシで捕獲ならずとのこと。

往復2周じっくりと探りましたが結局一度もアタリを出せず。

昼まで待っても良かったのですがポイントの移動を決意して一旦納竿としてA氏とお別れすることにしました。

午後の部

コンビニで腹ごしらえをしてから午後の作戦を練ります。

最初、朝行く予定にしていた姫路方面のテトラを目指そうかとも考えましたが、どうしても先ほどの水路のことが気になります。

魚は居たけどタイミングの問題で口を使わなかっただけで、潮が上がったら活性があがるのでは?

と思うともう一度確かめなければ気が済みません。

tide graph bi

というわけで車で軽く仮眠を取って15時過ぎの満潮からの下げ潮を狙って再び同じポイントにエントリー。

某所

潮位が上がって水路内にヒタヒタに潮が満ちています♪

CAMELLIA 山茶 CAL-85TH-RD 魔力紅

爆風対策でガン玉は2Bを打って沖から奥に向かって探って行きます!

すると開始早々に上層でグンパ2連発!

やはり予想通り魚の活性が上がっているようです!

ふたたび集中して探っていくと湾奥陸橋下2ヒロ付近で穂先を押さえ込むアタリでヒット!

慎重にファイトして慌ててタモ入れ!

QUAPNI CAMELLIA 山茶 CAL-85TH-RD 魔力紅

スリムな45cmある無しでした♪

寒さで体が悴んでいたのか全然引かなかったですけどね(;´∀`)

しかしこれでこのポイントにプレッシャーがかかってしまったのか全くアタリが無くなりました。

対岸に移動して探ってみてもダメ。

湾奥の温排水回りでフカセ師が何度か竿を曲げていたので壁から離れてしまったのかもしれません。

爆風の中、17時過ぎまで粘りましたが追加ならず納竿としました。

まとめ

朝から休憩を挟んでほぼ1日探って3アタリ1掛け1枚とかろうじてゼロワンゲームを制することが出来ました。

いくら温排水が絡むとはいえ真冬の壁で、しかも中層の棚で釣るのは激ムズですね。

温排水で魚は寄っていますが警戒心マックス+低水温で体の動きが鈍っているので口を使わせようと思うとテクニック云々よりもタイミングの要素が大きいように感じました。

実際今日も同じポイントで潮位が低い時間帯と高い時間帯で魚の活性が全然違いましたから。

地主A氏も同じく午前中はまったくダメで午後に潮位が上がってから釣っておられました。

現在のところ満潮前後が熱いようです。

極寒爆風の中、アタリが無い中をひたすら探り続けるのは本当に苦しく精神力を消耗します。

それに耐えて貴重な棚の『コンっ』アタリを仕留めた時には何事にも代えがたい達成感を得られることができます。

例えるなら冬山登山の登頂と似たような感じでしょうか?w

※冬山に登ったことはないですけど(;´Д`)

とにかく疲れる釣りなので素人の方にはオススメしません、というか止めておいたほうが良いと思います(;´Д`)

 

今回は1枚しか釣れなくて悔しいのでまた近いうちにリベンジしようと思います♪

 

困ったことに釣れない釣りが楽しくなってきました。

いよいよワタクシも変鯛の領域に足を踏み込んでしまったようです(;´∀`)

 

 

※寒い中ご一緒してくださったA氏、ありがとうございました。

また機会がありましたら宜しくお願いします♪

 

 

2021年累計釣果:7枚

 

QUAPNI CAMELLIA 山茶 CAL-85TH-RD 魔力紅

1

本日のタックルはこちら

タックル

QUAPNI CAMELLIA 山茶 CAL-85TH-RD 魔力紅

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥53,313(2021/10/27 09:42:26時点 Amazon調べ-詳細)

ランディングツール

装備品

タイトルとURLをコピーしました