雨の増水パターン炸裂!?ドチャ濁りのドシャローテトラで前打ち!

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 743

さて、今週末は西宮帰省週です。

金曜日に私用で有給を取得して3連休とし木曜日の夜に岡山から帰ってきました。

せっかくの3連休ですが生憎3日間とも雨予報(;´Д`)

まぁ雨が降ったところでワタクシにはあまり関係無いんですけどねw

どちらかといえば雨が気配を消してくれるしライバルは減るしで好都合なくらいですわ♪

それにシーバスで言うところの増水パターンみたく魚の活性が上がる可能性もありますしね。

というわけで土日の2日間連続でいつものドシャローテトラに出撃してきました!

1/23(土)若潮

13時前に自宅を出発。

この日は夕方から家の用事があるので16時前に切り上げて帰らなければなりません。

釣りは出来て2時間強くらいといったところでしょうか。

カニを買いにサワムラさんに向かう道中、強めに雨が降っています。

尼崎 サワムラ

サワムラさんでは次の日に残っても良いように、あと万が一の雨爆に備えていつもより若干多めのカニ25匹を購入しました。

ちなみにカニ用のエサ箱は箱正の前差しをかれこれ5年近く使っています♪

いまだ水漏れすることもなくコスパ最高で超オススメですよ!

テトラ前打ち最高!

なんやかんやで14時前にポイント着。当然誰も居らず貸し切りです。

際をチェックしてみると泥濁りが効いていてとても良さげな雰囲気。

残念ながら濁りがキツく魚は目視では確認出来ません。

濁りは良いのですが今日は潮がほとんど動かないのが気になるところ。

雨の増水パターンに期待したいです。

カニのつけ方

北風が強めに吹いていて仕掛けが捌きづらいです。

まずは針にガン玉2Bを打って探って行きます。

カニはすぐに弱るので5投くらいしたら交換します。

アタリが無くても1回の釣行2時間でだいたい20匹くらい消費する感じですかね。

※Twitterの達人によると弱ったカニをライターで炙って気合を入れるのだとか!?ww

テトラ前打ち最高!

際穴を中心に探りますがアタリがありません。

水を嫌って際に近寄りずらいのか?と竿2本前くらいに遠投してみるとアタリが出始めます。

どうやら際から離れて少し前にやる気のある魚が居るようです。

2回ほど明確なアタリ貰うもグンパ2連発(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

前で掛けた時は角度が浅くなりがちでフッキングが難しいですね。

結局16時前まで2時間キッチリ探るも仕留めることが出来ず、坊主で納竿としました。

1/24(日)中潮

翌日曜日。

この日の午前中は用事で神戸方面に出かけていました。

朝から強めに雨が降っているにも関わらずTwitterのタイムラインでは変鯛落とし込み師の方約3名が出撃されていて、しかも釣果ツイートをされているではありませんかw

6月の梅雨爆シーズンなら理解出来ますが、この1月の厳寒期に雨の中のを釣行するだなんてとても正気の沙汰とは思えないですよね(;´Д`)

というわけでワタクシも触発されて神戸から帰宅後即出撃!

まぁ元々逝く行くつもりにしてましたけどね♪

まずはサワムラさんによってカニ15匹とコガネ300円分を購入。

最近コガネは当たらないので買い控えていましたが、朝釣りハマ!のローラル氏がコガネのチョイ前で良型を釣っておられたのでワタクシもコガネを準備していくことに。

テトラ前打ち最高!

15時前にポイント着。

言うまでもなく誰も居ません。

今日は小雨なのと風が無く気温も高めなので指先が悴むことは無く快適です。

 

まぁ快適ってのもおかしな話ですけどね(;´Д`)

 

際をチェックすると前日よりも水潮の影響が強そうな潮色をしています。

時間的に細かく干潮と満潮が訪れる時間帯。

チャンスタイムがあるとすればこのタイミングしかない!と睨んでやってきました。

仕掛けを準備して徐に穴にカニを流し込むと穂先を押さえ込むアタリでヒット!

テトラ前打ち最高!

なんと開始1投目から来ました!

ゴリゴリとテトラに道糸を擦らせながら耐えていると観念して魚が出てきました!

6.3mの前スペだと擦らせる道糸の角度をコントロールしやすくて良い感じなんですよね。

沖で浮かせてから際に寄せてタモ入れ!

48cmのまさに銀鱗と言える綺麗な48cmでした♪

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

右上唇のええところにフッキングが決まりました♪

やはりジアイが到来しているようでここからアタリが連発!

掛けたりバラシたりカニを取られたりw

3バラシの後にようやく2枚目をゲット!

派手に際を荒らしてしまった影響かこの魚をリリースした後は静かになってしまいました。

ここで満を持して青コガネを付けてチョイ前を探ってみることに。

青コガネの付け方

するとアタリは有りますが齧られるだけで針まで食わせることが出来ません。

何度か仕掛けを打ち返して向こう合わせで竿を持っていくまで待ってみるも吐かれてしまいます。

再びカニに戻して探っていくとポツポツと当たりが出始めました。

今日は、というかここではカニのほうが良いのかもしれません。

1バラシの後、際穴でヒット!

40cmチョイの明らか居付きな真っ黒いのを追加したところで門限の時刻が近づいてきたので納竿としました。

まとめ

土曜日は喰らいましたが日曜日に3枚釣ってなんとか坊主は免れました。

もう少し上手くやれば5枚は釣れていたかと思いますがワタクシの力量ですとこれが精一杯でした。

2日連続で同じポイントで同じようなタイミングで竿を出してみて、同じ海とは思えないくらい日曜日の魚の活性が高かったのが印象的でした。

増水パターンが効いたのか一時的に入れ当たりの勢いでアタリがあって楽しかったです♪

こんな状況に巡り合えたのもTwitterで変鯛仲間の皆さんが出撃して結果を残しておられたからです。

スプラトゥーン2

もしタイムラインが静かだったら釣りには行かずに暖かい家で娘たちとスプラトゥーンでもやっていたかと思いますw

まぁ雨の中の釣行は片付けが面倒臭いくらいで性能の良いゴアテックスのレインウェアを着込んでいれば問題なく釣りは可能ですよね。

そもそも海に行って竿を出さなければ釣れる可能性はゼロで、最初の一歩を踏み出す勇気さえあれば厳寒期の今の時期でも釣果を得られるかもしれません。

但し雨の日の釣行は釣れなかった時の精神的ダメージが大きい諸刃の剣なので初心者の方にはオススメできませんw

まぁそんなの関係ねぇ!とばかりに竿を出す熱い変鯛さんがいっぱい居るのがTwitterなんですよね(;´∀`)

ちなみに、ワタクシは夕方帰宅して家族から思いっきり冷たい眼差しで見られて辛かったのでもう真冬の雨の日には出撃しませんww

 

ともあれ、今回の雨で海の中の季節がノッコミシーズンに向けて進むと良いですね。

 

 

2021年累計釣果:10枚

 

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

1

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

2

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

3

本日のタックルはこちら

タックル

シマノ(SHIMANO) 磯竿 ロッド Rinyusai MAEUCHI SPECIAL(りんゆうさい まえうち スペシャル) HHHF63 黒鯛 前打ち

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥117,406(2021/07/30 00:56:21時点 Amazon調べ-詳細)

ランディングツール

  • タモの柄:プロックス磯玉の柄 小継 剛 FE-X4 700
  • タモジョイント:昌栄(SIYOUEI) フレックスアーム VerII
  • タモホルダー:バレーヒル(ValleyHill) 小継タモステーII ブラック
  • 玉枠:昔フィッシングマックスで買った安物のティアドロップタイプのMサイズ
  • ランヤード:ノーブランド

装備品

タイトルとURLをコピーしました