目印イガイドリフト炸裂!上層アタリ連発からの年無し黒鯛ゲット!

年無し黒鯛(チヌ)
この記事の所要時間: 426

さて、今朝は早起きして久しぶりに目印を楽しんできました。

落とし込み釣り暦6年目に突入!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

俺のシーマチ超かっけぇ٩( ‘ω’ )و

野々宮@くろこう.netさん(@kurodaikoshien)がシェアした投稿 –

この6月で落とし込み釣りを始めて丸5年が経過しました。

振り返ってみればあっと言う間の5年間でした。

月日を重ねる毎に生活に占める仕事の比重が大きくなり、西宮~岡山~広島間を行ったり来たりしながら釣りをするのは肉体的、精神的にもキツくて挫けそうになることもありましたが、それでもここまで続けて来れたのはこの釣りが楽しくやりがいのある趣味だと思えたからです。

この釣りを始めてから毎週末の釣行が楽しみで平日は釣行のことを思ってワクワクして仕方がありません。それは5年経った今でもその気持ちは衰えるどころか強さを増すばかり。

Twitterを通して同じ志を持つ仲間と出会えたことも大きいですね。

これからも末永く「落とし込み釣り」を楽しんで行けたら嬉しく思います。

さて、↑このインスタの投稿は少し前のものですが、昨夜Twitterでフォロワーさんとシーマチの話題になりドラグノブに付いた傷を眺めるにつけ久しぶりに目印で釣りたい欲が沸々と湧いてきました。

最近ではテトラ前打ちが面白くて、目印にヘチに壁でする釣りに対する興味が薄れていたんですよね。

今ではワタクシは「前打ち師」と自負しておりまして、テトラ前打ちが最も得意な釣り方だと思っています。

でも目印でする超上層のアタリを目で見て取る釣りも楽しい。

というわけで、新鮮なイガイも沢山残っているので当初予定していた前日の前打ちリベンジは止めにして、ハングフィールドに向かうことにしました。

H

5時前にポイントに着いてみると多くのルアーマンでいっぱいでした。

最近回遊してきているツバス狙いのようで、その光景はタチウオシーズンに見られるそれと同じような感じでした。

マナーがどうこうとは言いませんが、海辺に立つならせめてライフジャケットは着用して欲しいものですね(;´д`)

一瞬、別のポイントに移動するかとも思いましたがルアーマンの間を縫って際をチェックしてみるといきなり上層で壁を食んでいる良型の見えチヌ発見!

これだけ人的プレッシャーが高いにも関わらず魚が浮いているということは、活性が高いはず!とここで釣ることにしました。

今日は坊主風こと北東風が強めに吹いていて際は透け透けです。

そのおかげで際に付いているチヌも丸見え。かなりの数のチヌがここに付いているようです。

イガイの付け方

それでは早速内オモリのなんちゃってイガイドリフトで探って行きます!

すると開始早々に目印を沈めきったところで止めアタリ!

チビレがヒット!

 

野々宮
野々宮

すわっ、キビレの巣窟か!?

 

と不安になるもそれは杞憂に終わりました。

黒鯛(チヌ)

その後すぐに虫だらけの明らかに居付きの47cmを掛け、素針とグンパを交えながら

黒鯛(チヌ)

コンディションの良い魚をゲット!

黒鯛(チヌ)

ストラクチャーに突っ込まれてラインブレイクによる2バラシの後、サイズダウン。

今日はハング下に見えチヌが多数確認でき、その直下にイガイを送り込めばアタリが出るような状況でした。

アタリは全て2ヒロ以内の上層です。

回遊待ちで惰性でルアーをキャストしているルアーマンが犇く中、独り竿を曲げ続けるのは快感でした(;´д`)

今日は定期的にボイルが発生してこんな可愛いサイズのツバスが釣れていました。

この後、あからさまに大きなチヌが見えたのですかさず潮上にイガイをそっと投入して流しこむと目印が走るアタリ!

ズドーーン!!と引いて上がってきたのは

年無し黒鯛(チヌ)

虫だらけの

年無し黒鯛(チヌ)

50.5cmの年無し黒鯛でした(๑˃̵ᴗ˂̵)وヨシ!

何気に令和初のお年無し様でした!

ルアーマンを蹴散らすように左右に引っ張られてしまい申し訳なかったです(;´д`)

この後も絶え間なくアタリ続けて

黒鯛(チヌ)

最後に可愛い玉枠サイズを掛けたところでタイムアップ。

ここで納竿としました。

まとめ

掛けた数だけはツ抜けたので沢山釣ったような錯覚を覚えますが釣果としては5枚と平凡な結果に終わりました。

丸5年もやってきましたがまだまだ技量が足りないのでしょうね。

Twitterを見ていると今日はどこも渋かったっぽいので、当初の予定通りテトラに出撃していたら喰らっていたかもしれないかと思うと恐ろしいです。

今日は突発的に目印で釣りましたがやはり楽しいですね。

イガイドリフトによる目印を楽しむことが出来るのはこれから数ヶ月がピーク。

少しテトラは休みにしてしばらく目印を楽しんでみましょうかね。

目印、ヘチ、前打ちとこの3つの釣りをローテーションすることで、より深く落とし込み釣りを楽しむことが出来ます。

ひとつの釣り方に拘るのも良いですが、それって凄く勿体無いような気がしますよ!

2019/6/2 兵庫県:尼崎の潮回り

  • 潮:大潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    12:25(20)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    5:53(146) / 18:55(154)

本日の使用タックルはこちら

ダイワ BJスナイパーT-超硬42UM

オールドタックルでする年無し黒鯛とのファイトはスリリングでした♪

タイトルとURLをコピーしました