TALEXイーズグリーン朝マヅメ最強説!沈みテトラが丸見えでした!

TALEX イーズグリーン 見え方
この記事の所要時間: 324

さて、今朝短時間ですが近所のテトラに出撃して来ました。

おっちゃんのボラ掛けポイント

ポイントに着いたのが7時前、ちょうど日の出のタイミングでした。今日はルアーマンも居らず常連のおっちゃんがボラ掛けをしているだけでした。

テトラ周りをチェックしてみると潮位が低く浅いところで水深は5~60cmと言ったところでしょうか。

ここで前回の記事でワタクシの前打ち仕掛けについてTwitter経由で質問を頂いたので改めてご紹介してみます。

テトラ用のメイン竿、UROKODOヨーヘイ氏に総テレガイド化して頂いたたリンユウサイ前打ちスペシャルHHF-53ですが諸事情があって現在は穂先のみUガイドに戻しました。

SHIMANO シマノ リンユウサイ 前打ちスペシャル Rinyusai Maeuchi Special

道糸の放出能力は若干落ちましたが穂先への絡みが激減したので、ワタクシの技量ではこちらのほうが使い勝手が良いです。

テトラ前打ち 仕掛け

道糸は一時フロロを使用していた時期もありましたが現在は根ズレに強いナイロンライン4号+ハリス3号30cmの組み合わせに落ち着いております。

トリプルエイトノット

道糸とハリスの結束はトリプルエイトノットです。

ダイワ快適ガン玉外しⅡを使って簡単に結ぶことができます。

カニの付け方

針は小さめの伊勢尼4号を使用します。

ガン玉G2をハリス結束部に干渉しないように針の外側から耳に打ち、12日にサワムラさんで購入した余りのカニを尻掛けでセットしました。

それではまずは水深が浅い側から深い側に向かって魚を探していきます。

話に聞いていた通り、朝マヅメの薄暗い時間帯でもイーズグリーンは水中が良く見えます。

テトラ前打ちやろうぜ!

裸眼

こちらが裸眼で見たテトラ。白くギラついていて見にくいですね。

TALEX イーズグリーン 見え方

イーズグリーン

イーズグリーンを通して見るとこの通り。はっきりと沈みテトラの形状が確認できます。

※肉眼だともっとはっきりと見えました。

魚が潜んでいるであろうシェード部に仕掛けを投入しながらどんどんと進んで行くと魚雷発射!

この潮位にも関わらず魚は付いているようです。

テトラ前打ちやろうぜ!

こんな感じの穴を中心にコの字を描くように探ること約1時間、道糸がフケるアタリ?

テトラに乗ったかと思い穂先でそっと聞いてみると魚です!

鋭く合わせると掛かりました!

 

キューン、ドーン!!!

SHIMANO シマノ リンユウサイ 前打ちスペシャル Rinyusai Maeuchi Special

ぶち曲がるリンユウサイ前スペ!

道糸は一切出さずに竿で溜めていると観念して浮いてきました!

タモ入れに成功!

黒鯛(チヌ)

測ってみると48cmのマッチョなおチヌ様でした!

黒鯛(チヌ)

この下顎の厚み!とてもコンディションが良いですね!

黒鯛(チヌ)

伊勢尼4号が上唇を捕らえました!

撮影を終えてリリースした後も30分ほど粘りましたがアタリ無く、門限の時刻が迫ってきたので納竿としました。

まとめ

1時間半くらいの短時間でしたがなんとか1枚釣ることが出来ました。さすがに今朝は潮位が低すぎてテトラに付く魚も少なかったです。

いや~、とにかくイーズグリーンの見え方は素晴らしいですね。

完全に日が昇って明るくなってからもギラツキはキツくなりますが、ローライト下と遜色ないくらいに雑光をカットしてくれました。

これだけ水中が見えれば魚の居る居ないが目視で判断出来るので早めに見切ることが可能ですし、仕掛けを投入するポイントを絞り込めるので効率良く探って行く事が出来ます。

短時間釣行がメインのワタクシにとって今後の釣果アップに大きく貢献してくれそうです。

TALEXイーズグリン、噂通り朝マヅメに最強でした♪

2019/1/14 兵庫県:尼崎の潮回り

  • 潮:小潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    5:00(58) / 20:50(61)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    13:01(107)

本日の使用タックルはこちら

 

SHIMANO シマノ リンユウサイ 前打ちスペシャル Rinyusai Maeuchi Special

ドシャローテトラでの忍者釣法用にHHHF-63が欲しい今日この頃(;´д`)

タイトルとURLをコピーしました