西宮湾奥テトラで前打ち!雨後濁り+北風バチャつきが有るも…。

西宮湾奥
この記事の所要時間: 444

さて、今週は西宮帰省週です。

今日は午後からちょこっと時間が取れたので近所のドシャローテトラ、通称「鳥」に出撃して来ました。

まずはカニの調達に尼のサワムラさんに向かいます。

ようやくいつも会う店員さんにワタクシのことを認識していただけたようで、「今日は(カニ)何匹いっときまっか?」みたいに言ってもらえました。

毎年今の時期は足繁く通うので覚えていただくのですが、イガイシーズンに足が遠退くと忘れられてしまうんですよね(;´д`)

まぁ今はマスクをしているので顔が分かり辛いという事情もあるみたいですけどね。

尼崎 サワムラ カニ

とりあえず明日に残っても良いように小30匹を購入。

今回のロットは長生きしてくれるとよいのですが…。

西宮湾奥

14時半過ぎにポイント着。

北から強めの風が吹いていいてバチャ付きが有り、前日の雨で濁りが効いています。

くっきりと影も出来ていて良さげな雰囲気♪

カニのつけ方

ガン玉は1号を伊勢尼4号に打って尻掛けで落して行きます。

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

さてと、始めるか

まずは良く当たるテッパン穴から探って行くも反応無し。

いつもは物凄い勢いで発射される魚雷も確認出来ず。

タイミング的に満潮で潮が止まっているので魚の活性が低いのかもしれません。

しばらく落とし薦めていくとグンパ。

感触的にスマホサイズが突いたような感じです。

ここから全集中の呼吸で探ります。

1列目のテトラの影に着水音を立てないようにそっとカニを流し込みます。

すぐに糸がフケます。

テトラに乗ったかな?と思って聞いてみると魚です!

炎の呼吸

壱ノ型

不知火!!!

と今っぽい型を使って鬼フッキングを叩き込むと掛かりました!

まぁ普通に聞き合わせしただけなんですけどね(;´д`)

パワフルな引きから良型かと思いましたが40チョイと小ぶりなサイズで肩透かしを食らいました。

やはり今の時期のチヌは良く引きますね~♪

どうやらちょっとしたジアイが到来したようでここからアタリが頻発します。

なんどか素針を引いた後にヒット!

するもスマホサイズでした(;´д`)

素針の正体でしょうね。

しかしこのジアイっぽい状況はほんの一瞬だけだったようでこの後はアタリがぱったりと無くなりました。

道糸が見えなくなる17時過ぎまで粘りましたが当たり無く納竿としました。

まとめ

今日はタイミングが悪かったのかあまり魚は付いていないようでした。

帰りに近くの石畳をチェックしてみるとチヌの群れを発見。何らかの理由で石側に付いていました。

経験上、ここの石畳に魚が居るときはテトラ側では釣れないんですよね。

明日は久しぶりに午後から南西風が吹く予報。

もしかすると明日は良いかもしれないですね♪

 

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

1

QUAPNI NAZCA 前打輪 單把 NAC-85T-SG

2

本日のタックルはこちら

タックル

シマノ ロッド リンユウサイ 前打ちスペシャル HHF53

ランディングツール

装備品

日進ゴム 作業靴 ハイパーV #003 耐油 防滑 軽量 先芯無し メンズ グレー

寒くなってきたのでぼちぼちハイパーVソールがスースーするようになってきました。

防寒タイプのハイパーVの登場が待ち遠しいものですね(;´д`)

タイトルとURLをコピーしました