今シーズン最後!?のイガイドリフトを求めて神戸5防に出撃!

この記事の所要時間: 829

さて、盆休み初日の本日は腹黒会のメンバー3名で谷一渡船の5時便に乗り込み、神戸5防に出撃して来ました!

それではどうぞ♪

内オモリ依存症

腐ったイガイ

連日の猛暑による海水温の上昇で大阪湾各地のイガイが落ちてしまい本格的に入手が困難になってきました。

楽しかったイガイの釣りもいよいよこの盆休み中に終わりを迎えそうです。

今回、釣りハマ!のローレル氏(以下ロ氏)と11日に釣りに行こうという話になったのが6日の火曜日。

当日釣りが出来るのがお互い昼までということでポイントは神戸沖の5防か6防にしようということになりました。

ローレルネットワークによるとこの時点でイガイは壊滅的な状況で付着が確認できたのは湾奥2箇所と今回渡堤した5防の3箇所のみ。

前日10日の土曜日の夕方に岡山から帰省する帰り道に湾奥の2箇所をランガンして必死のパッチで掻きまくるも採れたのはひと握りだけで残す可能性は5防のみという状況に。

事前にイガイが潤沢に調達できたなら内オモリドリフトに最適なハング、パイル、グレーチング等のストラクチャーが魅力的な6防に行きたかったんですけどね。

※残念ながら6防のイガイはツルっツルとの情報でした。

釣果だけを求めるならミジ貝やカニでも釣れているとのことなので、ここまで時間を割いてイガイを採取しなくてもよいように思われるかもしれませんが、僅かでも採取できる可能性があるなら掻きに行って目印を使った内オモリドリフトの釣りに拘りたいのが落とし込み師の性というもの。

それだけ内オモリドリフトが楽しいので名残惜しいんですよね〜♪

湾奥で餌掻きしているとワタクシと同じ様にイガイを掻きに来ていた数名の同業者の方々に出会いました。きっと皆さんもイガイの釣りをあともう少し楽しみたいのじゃと思います♪

仕掛けを投入し目印を水面に這わせて上層アタリが出るまでの数秒間の「間(ま)」には麻薬的な依存性があります。

その時の心境を音楽で例えるならプリプリで言うところの「針が降りる瞬間の胸の鼓動を焼きつけろ」みたいな感じでしょうかw

そんなこんなでロ氏と話し合った結果、5防のイガイに望みを懸けて出撃することにした次第です。

谷一渡船

前日の夜、2週間ぶりの釣りが楽しみで興奮して眠れなかったので早めに船着き場に行って車で仮眠を取る作戦にしました。

絶対に寝坊するワケにはいきませんから。

自宅を出たのが深夜零時半頃。43を西に向かって走ります。

途中、芦屋のマックスに寄って消耗品を購入します。

1階トイレ前の落とし込み釣りコーナーには釣戦の新ちゃん氏でお馴染みのストロングミニ14号が大量に在庫されてましたよ♪

さすがお盆休み中だけあって深夜にも関わらず多くの釣り人で賑わっていました。

2時前にポーアイの船着き場に到着し4時半にアラームをセットして眠りに就きます。

谷一渡船

アラームが鳴る前の4時に目覚め、4時半頃にロ氏と合流しました。

今日は久しぶりの河内のマスター氏(以下マスター)にもお声掛け頂きご一緒することに。

【河内渡船】憧れの地、神戸和田防新波止で前打ちをしてきました!
さて、ゴールデンウィーク後半5月5日の土曜日に丸1日ガッツリと釣りしてきました! さらに先日購入したゴープロも持参してバッチリと動画を撮影してきましたよ! それではどうぞ♪ 実は、3日夕方、4日早朝も近場のテトラでゴープロの練習という...

マスターとお会いするのは去年のゴールデンウィークのこのときの釣行以来ぶりです。

いつの間にか卑猥な名前に改名されていたようでびっくりしました(;´Д`)

釣りハマのローレル氏

爆混みのポーアイ沖の様子を撮影するローレル氏♪

5時に出船しポーアイ沖から6防を経由して5防に向かいます。

普段とは逆に沖から陸に船で進む感覚は新鮮でした。

谷一渡船

船内でヤイヤイ話しているうちに30分ほどで5防の西端に到着しました。

神戸第五防波(5防)

神戸第5防波堤(5防)

今回が初渡堤となる5防。

これまでにも何度か渡堤するチャンスがあったのですが、近年は落とし込みの釣果が芳しくなかったこともあり叶いませんでした。

今回はこのポイントの特定の場所にイガイがまだ付いていて釣果もそれなりに上がっているとのことです。

今日は10時便で上がる予定なので4時間強の釣行時間となります。まずは皆でイガイを採取しに向かいます。

するとローレルネットワークの情報通りの場所を探してみると有りました!

3人で貪るようにイガイを採って各々の餌箱にぶち込みます♪

イガイウチオモリ

無事に貴重なイガイが確保できたところで仕掛けを準備して西から東に向かって探って行きます。

リンユウサイ落とし込みスペシャルHF39-45

ちなみに本日の釣行はこの日のために奮発して購入したリンユウサイ落とし込みスペシャルHF39-45の筆下ろしが目的でもあります♪

ロ氏とマスターがタフ・フォーティを使用されていたので、ワタクシもタフ・フォーティを使ったほうがインスタ映えしそうな気もしましたけど、ここは心を鬼にしてオトスペを使いまぁーす(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

さっそく先に準備をして落としていたロ氏が竿を曲げています!がこれは残念ながらビヨヨンペ(;´Д`)

聞けば2ビヨヨンペ目とのことでモーニングサービスが有りそうです♪

山側の台船の影にポツポツと魚が浮いて見えていますがアタリは有りません。

神戸第5防波堤(5防)

マスターと話をしながら落としていくとアタリが無いまま気が付けば東端の白灯台まで到達しました。

神戸第5防波堤(5防)

マスターは「釣れる気がせん!」とやさぐれ気味でイガイ探しがメインじゃと仰ってますw

神戸第5防波堤(5防)

ワタクシも暑さとアタリの無さでテンションが上がらず写真撮影がメインに(;´Д`) 

神戸第5防波堤(5防)

ここ5防ってインスタ映えする被写体が豊富で撮影が楽しいんですよね。

海から眺める神戸の町並みも綺麗でしたよ♪

ここで西寄りを単独で探っていたロ氏に連絡を取って見ると朝イチのジアイで4掛け2バラシのあとアタリが途絶え、マスターと同じくイガイ探しモードに移行している模様です。

ブログを成立させるためにも何とか1枚は釣りたいと思っているとマスターが竿を曲げています!

が痛恨のビヨヨンペ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ワタクシが負のオーラを放っているのかヒットシーンに遭遇する度に皆さんバラシてます(;´Д`)

マスターに聞いてみるとバラした付近でアタリが頻発しているとのことで、すぐさま魚を掛けて40チョイのサイズをゲットされました!

マスターに「そこどけ!」と言わんばかりにそのポイントを譲って頂き仕掛けを投入すると速攻でヒット!

するも一気にストラクチャーに潜られてラインブレイク(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

貴重なアタリをモノにすることが出来ません。

際をチェックしてみるとエイが何匹か回っていて時々壁をハムハムしています。

きっとこの付近にイガイが付いていてチヌも付いているようです。

リンユウサイ落とし込みスペシャルHF39-45

先程バラしたときは竿のズームを縮めた39の状態のままでファイトをしていました。

今までの癖で4mくらいの長さが使いやすかったからなんですけど、足場の高い位置からストラクチャーを躱すには長いほうが有利。

というわけで少しポイントを休ませてから竿を45に伸ばして仕掛けを投入するとハリス馴染みでヒット!

物凄い勢いでストラクチャーに突っ込まれるのを腕を伸ばして耐えます!

オトスペぶち曲がりでめちゃくちゃ楽しい(;´Д`)

暫く耐えて浮かせることに成功!

椿研究所 メモリアップ

51cmのマッスルなお年無し様でした(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

やはりこの付近に魚が溜まっているようです!

created by Rinker
椿研究所
¥2,200(2019/10/14 02:55:03時点 Amazon調べ-詳細)

因みに、焼けたコンクリートに魚を直置きせずにサイズが計測できる椿研究所のこのメジャーシートは使い勝手が良くて超オススメですよ♪

黒鯛(チヌ)

少し休ませてから同じ所を攻めると1バラシの後に2枚目となる43cmある無しのアベレージサイズをゲット!

叩き過ぎたのかジアイが去ったのかこの魚を掛けたところでアタリが途絶えてしまいました。

神戸第5防波堤(5防)

この付近の北面ではこんな感じの赤出汁風の潮と綺麗な潮がぶつかり合っていて、ここでは赤出汁側でアタリが頻発しました。

普通は左側の綺麗な潮でアタリそうな気がしますよね。

神戸第5防波堤(5防)

一方、南面はこんな感じに濁っていて死んだ魚が沢山浮いていました。

当然アタリも無く、常連風の同業者の方も皆さん北面を探っておられました。

ここでアタリが遠退いたのと飲み物が底をついたのでベースキャンプの西端に戻ることにしました。

ロ氏とマスターは西寄りを探っておられたようでロ氏も早めに仕掛けを切って帰り支度モードに。

河内のマスター氏

最後まで諦めずに落としていたマスターの後ろ姿をこっそりとパシャリ。

それがバレると

河内のマスター氏

「タフ・フォーティのティー!」ポーズを華麗に決める河内のマスター氏

逆光で見えづらいですがドヤ顔でポーズを決めてくれました♪

皆でヤイヤイ喋っていると10時の迎えが来たので納竿としました。

まとめ

4掛け2バラシの2枚、内1枚は年無しとかろうじて坊主を免れオトスペの筆下ろしに成功しました。

ロ氏がバラシ有りの4枚、マスターが2枚の釣果だったのでワタクシにしては上出来かなと思います。

5防に付いていたイガイもほとんどが口を開いていたので、さすがにもう採るのは厳しいかと。

というわけで今回の釣行で今年のイガイの釣りは一旦終了しようと思います。9月に二期作目のイガイが付く可能性があるとのことなのでそれに期待したいですね。

次回からはカニで本業のテトラ前打ちをしようかなと思います♪

今回一緒に遊んで下さったローレルさん、マスターさん、ありがとうございました。

また次回、機会があればご一緒願います!

初の5防は最初は坊主を覚悟するくらい厳しい状況でしたが楽しいメンバーと釣行が出来て面白かったです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

※ちなみに冒頭で書いた「腹黒会」は釣行後にマスターが命名されましたw

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゴボウの思い出

野々宮@くろこう.netさん(@kurodaikoshien)がシェアした投稿 –

2019/8/11 兵庫県:神戸の潮回り

  • 潮:若潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    10:58(56)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    0:38(138)/ 18:43(150)

本日のタックルはこちら

シマノリンユウサイ落とし込みスペシャルHF39-45

落とし込みスペシャルは良い曲がりで魚を暴れさせずに浮かせてくれました♪

しかし買ったばかりなのにイガイが採れなくなって悲しい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥39,000(2019/10/15 02:09:44時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました