イガイシーズン終盤戦!?朝マヅメの湾奥ハングフィールドで目印!

釣りハマのローレル氏
この記事の所要時間: 322

さて、今週末は色々有りまして1泊2日で土曜日の夜から西宮に帰ってきております。

今朝は近所のポイントに有名ブロガー釣りハマ!のローレル氏(以下ロ氏)と一緒に出撃してきました。

それではどうぞ♪

第9回 ローレルの釣りハマってます!! × くろこう.net

H

ポイントに着いたのが4時半過ぎ。準備をしているとロ氏が到着されました。

イガイ(カラス貝)

ちなみに、今回ワタクシが持参したイガイは7/20の釣行時に大阪湾奥で採取したものです。

岡山に持ち帰って箱正の餌箱に入れて冷蔵庫保管をしていたところ腐らせることなく鮮度を保つことが出来ました。

created by Rinker
¥2,900(2019/12/11 06:02:43時点 Amazon調べ-詳細)

ホントは若干腐って異臭を放ったくらいのほうが集魚効果があって良さそうですけどね(;´д`)

ロ氏によると、ワタクシが採取したポイントのイガイはほとんど落ちてしまってったようでして、これからは本格的に餌場の確保が面倒臭く重要になりそうです。

5時前に実釣開始。

ロ氏と二手に分かれて目印タックルで探って行きます。

この時点ではまだ他の釣り人も少なく良い感じ。

顎下にイガイをドリフトさせて流し込んでいくと開始早々に目印が走るアタリ!を捕らえるも

顎下に突っ込まれて目印からのラインブレイク(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

いきなり貴重な目印を失ってしまいました。今日のために前日に5本拵えてきたんですけどね(;´д`)

目視で魚は確認出来ませんがどうやら上層に浮いているようです。

仕掛けを作り直して顎下直下まで1mくらいの棚だけをチョンチョンとハイテンポで探っていくとハリス馴染みで目印「ツンっ」アタリ!

45cmあるなしの良型をゲット!

掛けた瞬間に水面に浮いたので引きを楽しむヒマがありませんでした。

超上層でのヒットに魚も「やられた~!」って顔してますね♪

この後、これまた有名な落とし込みブロガーのBlacky氏も合流され、さらに同業者やらルアーマンやらタコ師やらがどんどん増えてきて落とすスペースが無くなってきました。

この人的プレッシャーに透け気味の潮も手伝ってアタリが全く無くなってしまいました。深いところまで探ってないので棚が下がっただけかもしれません。

いよいよ人大杉で落とせなくなったところで6時前にポイントを移動することにします。

この状況下でもロ氏はきっちりと2枚釣っておられてローレルプロがプロたる所以じゃなと思いました♪

L

釣りハマのローレル氏

やってきたのはストラクチャーフィールドのL。

こちらはルアーマンが数名先行しているものの空いています。

ロ氏が開始早々に竿を曲げますがこれはキビレ。針を外している隙にワタクシが忍者釣法でストラクチャーの際にイガイを通すと目印ビタ止まり!

黒鯛(チヌ)

35cm有る無しの可愛いサイズでした。

ロ氏がキビレを掛けたのは深めだということで、上にチヌ下にキビレという教科書通りの付き方をしているようです。

ロ氏がもう1枚深棚でキビレを釣ったところで雰囲気も良くないので早めに納竿としました。

H

午後からの南西風に誘われて15時前から再びハングフィールドHに出撃!

風、潮、濁り、全て最高の条件が揃っているものの魚からの反応は無く。

黒鯛師 THEヘチリミテッド BB4 BAY KISARAZU T275

偶然お会いした変鯛氏に最近発売された黒鯛工房のヘチ竿BB4 BAY KISARAZUを見せて頂いたり。

17時まで粘るも何も起こらず、そのまま納竿としました。

まとめ

今日の夕方は絶対に外さない自信があったんですけどダメでした。

今年の7月は難しいですね(;´д`)

一方、ロ氏は夕マヅメに大阪湾奥でジアイに遭遇してツ抜けられておりました。

さすがプロですね♪

本日のタックルはこちら

タイトルとURLをコピーしました