感度抜群のヘチフロロで入れアタリ!児島湾奥梅雨爆開幕のお知らせ!

黒鯛(チヌ)
この記事の所要時間: 550

さて、今週は岡山滞在週です。短時間ですが夕方に近所のポイントに出撃して来ました。

Twitterを見ていると連日派手な釣果が見受けられますね~。

まさに今が梅雨爆(つゆばく)真っ盛り!ってな感じですよね!

残念ながら今年はまだウハウハに遭遇できておらず、もどかしい思いをしていたのですが、今回の釣行で若干ですがその片鱗を垣間見ることが出来ました。

それではどうぞ。

新兵器投入!

まずは釣りハマ!ローレル氏のこちらの記事をご覧下さい。

【バコバコ】禁断の平日尼崎フェニックスで自己新記録の56㎝おチヌ様をゲット!スリットも川筋もアタリビンビンへちフロロ最強! | ローレルの釣りハマってます!!
先日テトラへ初フロロ通し仕掛けでチャレンジして、アタリビンビンでかなり良かったので、 今回はヘチ釣りでも試してみる事に。 商品名もヘチフロロなのでヘチでやらざるをおえまーが(*´з`) サンライン(SUNLINE) ライン 黒鯛ISM へちフロロ NextGen 100m 2号 posted with カエレバ サンラ...

 

ね?

 

ヘチフロロを使ってみたくなるでしょ?

すでに前打ちではシューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA(以下アザヤカ)を使ってフロロ通し仕掛けの感度と結束強度を実感していたので、最近楽しくなってきたヘチ釣りでも試してみたくなんたんですよね。

細めのアザヤカをヘチ釣り用に購入しても良かったのですが、せっかくなので新商品でローレル氏もオススメしているヘチフロロを、そして銀治郎H300に合わせて使おうと思ったので2号をAmazonでポチった次第です。

ヘチフロロはマーキング部分が0.25号太くなっていたり、透明部分の長さが40cmとアザヤカの65cmより短くなっていたりと細かな仕様が異なっていて、その違いが気になるところです。

リールはお気に入りのバトルフィールド黒鯛BK90NRに巻いて使いたいところですが巻き替えるのが面倒で(;´д`)

黒鯛師 THEヘチ リミテッド 88W-BG - 黒鯛工房

今回、しばらく存在を忘れていたご無沙汰していたヘチリミが空いていたのでこのリールに巻いて使うことにしました♪

この時点では日曜日に姫路飾磨沖でデビューしようと思っていました。でもいざリールに巻いてしまうとすぐに使ってみたくなるのが釣り人の性。

というわけで早速土曜日の夕方、近所で試し釣りをしてきました!

N

ポイントに着いたのが17時前。干潮時刻付近でほとんど潮がありません。

イガイの付け方 繊維掛け

透明部分に伊勢尼6号を結んで、先週のアマピーで採取して持ち帰ったイガイを繊維掛けでセットしました。冷蔵庫の野菜室にエサ箱ごと入れて保管するだけで1週間なら十分持つことがわかりました。

ハリスとして使用する透明部分の40cmが短いかな?とも思いましたがエサを付けて垂らしてみると特に問題さそうです。

まずは台船の際から探って行きます。

まず驚いたのがヘチフロロのマーカーの見やすさです。例えるなら40cmピッチの目印を落としているような感覚。

これならラインに出る微妙なアタリも捉えやすそうです。

ヘチフロロの感触を確かめながら落していると、すぐに手元に伝わる明確なアタリがありますが掛かりません。サイズが小さいのか?硬い銀治郎がアタリを弾いてしまっているような感じです。

何度かグンパと掛けバラシを繰り返すとアタリが無くなったので、前回連発した西面に移動します。

仕掛けを落としてみると水深は2mくらいしか有りません。場所によっては土砂が堆積して底が見えています。

水深のあるところに程よい糸フケを作りながら落したところ穂先を引き込むアタリ!

反応して合わせると掛かりました!

 

キューン!

 

可愛らしい引き!

一気に浮かせてタモ入れ!

40cmあるなしのおチヌ様でした!

水深が無いので銀治郎H300のパワーで秒殺でした(;´д`)

ほぼ干底のタイミングでしたがここの魚には関係ないみたいですね。

もう少しここで粘っても良かったのですが、ヘチフロロの調子を確かめるには水深が無さ過ぎるので、ここよりは水深のある隣のポイントに移動することにしました。

Q

時刻は18時半過ぎ。すぐに落して行きます。

すると

ほぼ入れアタリ!

しかも全て1m以内の超浅棚です!

1時間で8掛け4バラシ4ゲット!

暗くなるに釣れてアタリが遠のき、道糸が見えなくなる20時前まで粘って納竿としました。

まとめ

釣果は5枚とそこまで奮いませんでしたが、久しぶりに入れアタリのバクバクタイムに遭遇することが出来ました。

今日は穂先を引き込む明確なアタリは最初の一度だけで、あとはほぼ道糸がフケる止めアタリでした。

これまで単色のラインだと微妙な止めアタリを見逃すことが多くヘチ釣りが難しいと感じる要因の一つだったのですが、ヘチフロロのマーカーに明確にアタリが出るので思い切って合わせていくことが出来ました。

Twitterでも呟いていますがまさに40cmピッチの目印でピンピン釣りをしているような感覚でした。

今日は特に浅棚でのアタリが多かったのでその効果は絶大でした。

アザヤカでは65cmの透明部分が垂らしになったときにラインに出るアタリが見づらい不満がありましたが、ヘチフロロではマーカー部が常に垂らしにかかるので特に見づらいとは感じませんでした。40cmの長さがちょうど良いみたいです。

手元感度ではイガイが壁をコスる感触まで伝わってくるビンビンさで、この点についてはアザヤカとは大差ないように思いました。

黒鯛師 THEヘチ リミテッド 88W-BG - 黒鯛工房

ヘチフロロ2号は張りが強いので油断しているとこんな風に道糸がバラけてスプールに絡んでしまうことがありました。ナイロンに比べるとライントラブルが発生しやすくなるので初心者の方は特に注意が必要です。

今日は魚の活性が高かったことも勿論ですが、これまで取れなかったアタリが取れるようになったことでアタリが増えたように思います。

銀治郎H300の硬さと伸びの少ないフロロラインの組み合わせの影響か多数バラしてしまいました。技術でカバー出来るものなのかタックルのバランスを見直すべきなのか、もう少し使い込んでみようと思います。

2018年の児島湾奥、ようやく梅雨爆(つゆばく)が開幕した模様です!

2018/6/30 岡山県:宇野の潮回り

  • 潮:大潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    6:41(121) / 18:04(38)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    0:33(249) / 11:27(204)

本日のタックルはこちら

がまかつ がまチヌ へちさぐり銀治郎H300

壁で釣るにはH300は若干オーバースペックな気がするので、次はM300が欲しくなってきました(;´д`)

でも何処にも売ってないんですよね。。。