2015年の西宮落とし込み黒鯛を振り返る10【大阪北港夢洲】

大阪北港夢洲のテスリ
この記事の所要時間: 421

なんとか今回の記事で、今年の釣りを一通り振り返ることが出来そうです。年内に間に合ってよかった。

それでは続きです。

前回のリベンジ、大阪北港夢洲出撃

前回の北港釣行をトラブルのため消化不良に終えたワタクシ。それ以来、再訪の機会を虎視眈々と狙っておりました。そこで、11/22に日程の都合がついたのでKK氏と一緒にたまや渡船さんの朝7:00便で出撃してきました。

北港の釣り場案内

参照:たまや渡船 釣場紹介

黒鯛工房THEヘチリミテッド88W-BGのカッコ良さは異常

この日はレーダーに降りました。最初からスリットを攻めます。

イガイは相変わらずびっしり付いておりました。

前回リールで痛い目を見たので、この日のために黒鯛工房THEヘチリミテッド88W-BGを調達しました。amazonで購入しようと思ったのですが、残念ながら売っていなかったので楽天でポチっとしました。

というわけで、この日は前回のリベンジとヘチリミの入魂を目指して頑張りました。まずは、イガイの2枚繊維掛けでテスリ方面に落として行きます。

開始10分

はい、フグのスレ掛かりで無事入魂完了しました(;´д`)

激渋!秋の大阪北港スリットの黒鯛を攻略する!

気分を取り直して落としますが、全くアタリません。すれ違う人に尋ねるも皆さんとても渋いようです。

マスの中のエイに驚いたりしながら落としますが、一向にアタリません。

オモリの重さや、イガイの付け方を変えてみたり、フジツボに変えてみたり、あの手この手で攻めますがダメです。

結局、坊主のまま午前の部を終えました。

がまチヌ へちさぐり銀治郎H300の実力

ベースキャンプのレーダーに戻り昼休憩後、KK氏はヤイタ方面に、ワタクシは再度テスリ方面に二手に分かれて攻めて行きます。

再開後30分、KK氏から「釣れた」とLINEが入ります。その直後、ワタクシにもレーダーから約100m付近でマスの中柱前に落としたイガイ2枚繊維掛けに、アタリが出ます。手元にカツッと来たので即合わせをすると掛かりました。

強烈な突っ込みを、ヘチリミのスプールをがっちり押さえて道糸を一切出さずに耐えます。

スリットケーソンを含め、あらゆるストラクチャーまわりの攻略に対応したパワータイプ。
あらゆる状況下でブレのない高い操作性を発揮します。特に大型が期待できる状況で真っ向勝負を挑める頼もしいモデルです。

参照:がまチヌ へちさぐり銀治郎 Hタイプ

ここ北港スリット攻略のために購入した、へちさぐり銀治郎H300の力を初めて発揮するときが来ました。

まさにメーカーの説明通りの状況下で、メーカーの説明通り真っ向勝負を挑みます。根元からブチ曲げられますが、まだまだ余裕があります。一切主導権を渡さず、溜めているだけでグイグイ魚が浮いてきました。

さすがH300、高かったけど買って良かった。

あまりの引きの強さにすわ年無しか?と思いましたが、浮いてきたのは48cmの超メタボな黒鯛でした。

黒鯛(チヌ)

北港スリットで掛けた超メタボ黒鯛

ヘチ釣り超楽しい。

結局これが、この日唯一のアタリとなりました。見えチヌが居た状況下でもなすすべがありませんでした。他の方も相当渋かったようで、常連の方でも坊主だった方もおられたと聞いて少しだけ救われました。

ところが、たまや渡船の釣果情報を見るとチヌ40~49㎝8匹、キビレ4匹も!釣られている方が居たとのことです。帰りの船の中での話を聞いた感じでは、ワタクシとほぼ同じポイントで釣りをされていた方のようで、ワタクシも16時台にその方がレーダー付近で何度も竿を曲げられているのを目の当たりにしました。

同じポイント、同じエサで釣っていたのにワタクシとこの方どうして差がついたのか。慢心、環境の違い。

いや、経験と技術の差なのでしょうね。

本当に奥が深いぜ、落とし込み釣り。

この時の使用タックルはこちら

2015/11/22 大阪府:大阪の潮回り

  • 潮:若潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    9:56(67) / 22:44(43)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    4:03(113)/ 16:21(142)

まとめ

さて、「2015年の西宮落とし込み黒鯛を振り返る」という初心者のワタクシが大げさな表題を掲げ、10回に渡って今年の釣りを振り返って来ました。後半は西宮以外での釣りのことも綴りましたがご容赦下さい。

Twitterで過去の記録が見づらい、との思いがきっかけでこのブログを立ち上げましたが、Twitterでの呟きがあったからこそ、ここまで詳細にブログとして記事にすることが出来ました。

来年はTwiterでは軽い情報とリアルタイムの臨場感を、ブログではその肉付けやより深い内容を、と上手くそれぞれのメリットを補完しながら、初心者向けに、初心者の視点で、初心者なりに感じたことを発信していければと思っております。

当ブログを通して、少しでも多くの方に落とし込み、ヘチ釣りの魅力をお伝えすることが出来れば幸甚です。

ここまで読んで頂きありがとうございます。今後とも当ブログ「くろこう.netをよろしくお願い致します。

野々宮

というわけで、明日は今年の釣り納めに北港スリットに出撃するぜっ!!!

たまや渡船

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告