お茅渟様を求めてNKテトラに出撃!南面沈みテトラで1枚ゲット!

西宮ケーソン
この記事の所要時間: 51

さて、1週間ぶりの釣りです。

5月の週6釣行に慣れきった体には1週間も間隔が空くと調子が狂いますね(;´д`)

というわけで午前と午後の2回出撃してきました。

猛威を振るうキビレ祭りの状況が気になるところですが…。

L字

西宮湾奥

4:30壁フィールドL字着。

北風、ベタ凪、チョイ濁り、潮位ヒタヒタ、コンディションは可もなく不可もなくと言ったところ。

まずはイガイを採取すべく壁をガリガリと描きます。

イガイ

サクっと採取完了♪

どの貝もしっかりと口を閉じていて強めの繊維で固まりを形成しています。

今年の西宮は質の良いイガイが沢山付いていて幸せです。

西宮にこれだけイガイが付いたのって2016年以来4年ぶりかと思います。

何とか盆明けくらいまで残って欲しいものですね!

それでは早速採れたてのイガイを繊維掛けで付けて投入します。

キビレ(キチヌ)

はい、キビレ~(;´д`)

開始2投目で来ましたw

今日も盛大な祭りが開催されているようで、物凄い勢いでイガイにアタックしてきます。

伊勢尼4号

中には伊勢尼4号を曲げるパワーの持ち主も居るようで、上でも下でもキビレ。

今日はチヌの気配が全く感じられません。

1枚くらいチヌが釣れるか?と思って時間ギリギリまで粘ってみるも結局キビレしか釣れず。

チヌ坊主で7時半に納竿としました。

NK

西宮ケーソン

昼から少しだけ時間が出来たので久しぶりにNKまで足を伸ばしてみました。

最近釣果の情報が無くてずっと気になっていたんですよね。

NKと言えばテトラ!といわけでもちろん前打ちでテトラを攻めます!

3つの密を避けましょう

入り口付近の金網に3蜜回避行動啓発ポスターが貼られていました。

NKクラスのメジャーポイントだと蜜の状況が生じるリスクが高いですから注意が必要ですね。

西宮ケーソン

大潮ド干潮のタイミングで際が大きく露出しています。

1コーナーに向かう道中の階段にモリモリイガイが付いています。

西宮ケーソン

1コーナー内側の壁にもモリモリ♪

西宮ケーソン

もちろん南面テトラにもびっしり♪

今年はNKもイガイが豊作ですね~!

イガイ(カラス貝)の付け方

それではまずは1コーナーから探って行きます。

西宮ケーソン

際穴に仕掛けを投入しますがどうも潮色が芳しくなく、赤潮が発生しているようです。

当然アタリも有りません。

早めに1コーナーを見切って沈みテトラに移動します。

西宮ケーソン

こちらは沈みテトラの周りだけ潮が透け気味で赤潮の影響が無さそうです。

見えチヌもポツポツ確認出来ます。

しかしイガイがびっしり付いた沈みテトラは眺めが良いですね!

釣れるならここしか無い!と判断、全集中の呼吸で探って行きます。

際穴を探っていると竿1.5本前の穴に見えチヌ発見!

そっと仕掛けを投入するとハリスが馴染んだ瞬間にヒット!

浅いところで掛けたのですぐに水面に浮かせました!見た感じ45cm弱くらいでしょうか?

しかし距離的に5.5mのボーダレスランディングシャフトではどう頑張っても届きそうにありません。

左側にスペースがあるのでなんとか魚をズリ上げて近くに寄せようと試みますが道糸がテトラに引っ掛かって外れなくなってしまいました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

幸い魚はまだ付いているので下まで降りて行って魚を掬うことにします。

黒鯛(チヌ)

無事にタモ入れに成功!やっとチヌを釣ることが出来ました!

やはり狙い通りテトラにチヌが居ましたね~♪

ここから追加を狙って探るもアタリが全く有りません。

南面を2コーナーに向かって落して行きますがどんどん潮色が悪くなり…。

西宮ケーソン

2コーナーは死の海と化していました(;´д`)

もう一度沈みテトラ~1コーナーを探りましたが反応は無く、15時過ぎに納竿としました。

まとめ

今日は狙い通りテトラで1枚釣って坊主を免れました。

今日の状況ですと明日以降も当分は厳しそうですね。

来週の雨待ち、といったところでしょうか。

イガイびっしりのNK南面沈みテトラで前打ち!Fishing at sunken wave-dissipating blocks tightly attached mussels.
黒鯛(チヌ)

1

本日のタックルはこちら

タックル

テトラ

ランディングツール

装備品

おまけ

西宮ケーソン

今日のNKでは毎度の事ながらゴミが捨てられていました。

西宮ケーソン 西宮ケーソン 西宮ケーソン

ゴミを持ち帰るのは釣り人のマナーです。

タイトルとURLをコピーしました