湾奥ディープテトラで上層アタリ連発!どうやら開幕した模様です♪

黒鯛(チヌ)
この記事の所要時間: 45

さて、今週は待望の西宮帰省週です。

朝イチはニシキタのコナミスポーツで一汗流した後、

中津浜線沿いのさんじゅう丸ラーメンで先ほど消費したカロリーを補給w

そして夕方、家族の隙を突いて少しだけ近所のディープテトラに出撃して来ました♪

C

まずは尼宝線を南下してお馴染みのサワムラさんでカニを15匹購入します。

いつの間にか装飾テントがリニューアルされていました。前の小汚い風情のあるテントが好きだったんですけどね~(;´д`)

釣行時間的に10匹でも十分足りるはずですが、もう5匹はもしバクバクだった時に後悔したくないための保険みたいなものです。余ったら余ったで明日の朝マヅメに消費すれば良いですから。

向かった先は今年初のディープテトラ「C」

最近、前打ちでの釣果の情報はありませんでしたが気温も上がってボチボチどんな感じか気になっていたので調査も兼ねて行ってみる事にしました。

今の時間帯、潮位が低いタイミングでも水深のあるCなら釣りは成立するはずです。

ヤフー天気によると夕方は4~5mの南西風が吹く予報。南に面したCはバッチャバチャでウッハウハの予感しかしません♪

ところがポイントに着いてみると夥しい数の車が停まっています(;´д`)

テトラ帯を覗いてみると陸寄りはフカセ師が、先端はルアーマンが先行しておられました。先端ちょい手前の去年の台風でテトラが大きく崩れたあたりだけスペースが空いています。

フカセもルアーも釣りづらそうですが前打ちには最適です。

時間があればもっと空いているであろう沖のポイントに移動したいところですけど、いかんせん時間が無いので困ったものです(;´д`)

それではカニで際穴から探って行きます。

正面から生暖かい南西風が吹いていて心地良いです。

風のわりに際のバチャ付きはボチボチです。

仕掛けは捌きやすいのですが魚の活性を高めるまでには至らない感じ。濁りが効いていて釣れそうな雰囲気がプンプン漂っています。

開始から15分ほど経過したところで際穴1ヒロステイからの道糸を出して仕掛けを送り込もうとしたところで穂先を押さえ込むアタリ!

 

キューン、ドーン!!!

 

掛かりました!

ゴリゴリと道糸がテトラに擦れます!この感触が堪らないんですよね~♪

暫く耐えていると穴から魚が出ました!沖で浮かせてから寄せてきてタモ入れ!

黒鯛(チヌ)

42~3cmくらいの綺麗な魚でした!上唇にフッキングが決まりました!

黒鯛(チヌ)

この魚は乗っ込んでいないようでしたが、とにかくパワフルな引きで楽しませてくれました。

開始早々のヒット。やはり今日は調子が良さそうです♪

この後も際穴の浅めの棚でグンパや素針が頻発します。

テトラ前打ちやろうぜ!

バチャ付きもどんどん強くなり魚の活性も高まってきたようです。

しかし、ワタクシが釣りたいポイントには根魚狙い風のルアーマンが新たにやって来てスペースがありませんorz

20mくらいの狭いスペースを行ったり来たりしながら探って

黒鯛(チヌ)

同じく1ヒロくらいの棚でなんとか37~8cmくらいの小さいサイズを1枚ゲット。

潮位も上がってきてこれから!というところでしたが門限の時刻が迫ってきたので納竿としました。

まとめ

時間にして1時間半弱くらいの釣行でしたが2枚釣ることが出来ました。

シャローテトラも良いですが前打ちで釣るなら魚の鋭角な突っ込みを味わうことが出来るディープテトラが圧倒的に面白いですね。

帰る道中に冬の鉄板ポイント「釣り堀」をチェックしてみたところボラ絨毯が形成されていました。

去年もそうでしたが水温が上がってチヌが他のエリアに散ってボラが集まったら冬から春に季節が移ろうサイン。

阪神エリア、いよいよ今シーズンのディープテトラが開幕した模様です。

2019/3/09 兵庫県:尼崎の潮回り

  • 潮:中潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    2:25(18) / 14:48(39)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    8:45(136) / 20:51(133)

本日の使用タックルはこちら

SHIMANO シマノ リンユウサイ 前打ちスペシャル Rinyusai Maeuchi Special HHF-53

ディープテトラを釣るにはテレガイドカスタムのリンユウサイ前スペ+ヘチリールが最適!

ヘチ釣り感覚でテトラで釣りが出来ますぜ(;´д`)

タイトルとURLをコピーしました