赤潮発生下の西宮湾奥でヘチ釣り!無欲釣法で何とか1枚ゲット!

quapni camellia85t
この記事の所要時間: 342

さて、今日は午後からL字に出撃して来ました。

前日NKで見た赤潮の状況から厳しいであろうことは想定していましたが…。

L字

 

14時半過ぎポイント着。

大潮ド干潮でガッツリと潮が引いています。

西宮湾奥 赤潮

そして見事に鮮やかな赤潮で覆われています(;´д`)

西宮湾奥

生命反応が無いか?というとそんなこともなく、小鯖やボラの群れが確認出来ます。

L字のコーナー付近は反転流が形成されていて際は赤潮が寄っていません。

イガイ(カラス貝)の付け方

まずはその付近を重点的に探って行きます。

じっくりと探っていくとストラクチャー前の1ヒロ付近で穂先を押さえ込むアタリでヒット!

なんとマチヌでした♪

キビレ退治という体(てい)で無欲で落した効果があったのかもしれません(;´д`)

前日の朝はどんなに釣ってもキビレしか釣れなかったんですけどね。

時間帯によってチヌに入れ替わるようです。

quapni fcp-1300

そして先日入手したquapniのフィッシュグリップも筆下ろししておきましたよ♪

ここから時間の経過とともに赤潮の濃度がどんどん濃くなり、綺麗な潮が際から無くなってきました。

そしてそれとともにアタリも途絶えました…。

ポイント全体をざっくりと探り終え、再び最初に釣ったポイント付近を重点的に探ります。

底潮はマシであることを信じて底狙いでガン玉を2Bにして赤潮の上層をスルーして一気に3ヒロ付近まで落とします。

何度か繰り返していると糸がフケたので着底か聞き合わせてみると食ってました!

が本命!?のキビレでした(;´д`)

底付近は赤潮の影響が無かったのでしょうか?

この後も同じようにして底をねちねち探るも反応は無く、17時前に納竿としました。

まとめ

際の赤潮が比較的マシなタイミングでなんとか1枚釣ってチヌの顔を見ることが出来ました。

Twitterによると今日の大阪湾は沖も苦潮の影響でそうとう渋かったようです。

来週から梅雨入りしそうですのでそれまでは厳しい状況が続きそうですね。

黒鯛(チヌ)

1

本日のタックルはこちら

タックル

ランディングツール

装備品

シマノ リンユウサイ ヘチ スペシャル S280

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥52,800(2020/07/02 06:43:27時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました