徳島津田ジャンボリベンジ!激流のハング下にイガイを流し込め!

徳島津田ジャンボ 津田南波止
この記事の所要時間: 527

さて、昨日に引き続き今朝も津田ジャンボに出撃して来ました。

心配していた雨に降られることもなく快適に釣りが出来たのですが…。

津田ジャンボ

駐車スペースに着いたのがまだ薄暗い4時半過ぎ、いつも車を停めるスペースが一杯です。ざっくり20台以上は駐車されていたでしょうか?

徳島津田ジャンボ 津田南波止

昨日タチウオが釣れていたので嫌な予感がしたのですが、準備をしてポイントに向かうとタチウオ師が等間隔にズラリと並んで竿を出されていました(;´д`)

タチウオ釣りの人気は徳島も関西も同じなんですね。

ピーク時の西宮ケーソンほどの密度ではないので、なんとかタチウオ師の間を縫って落していくことが出来そうです。

イガイ 内オモリ

それでは5時前から前日に引き続き目印のイガイ内オモリでハング下を探って行きます!

徳島津田ジャンボ 津田南波止

潮位が高く水面までかなり近いので影を落さないように目一杯後ろに下がって仕掛けを投入します。

今日は上層のみならずハリス75cm+目印2.25mの2ヒロまで沈めてステイを織り交ぜながら当たる棚をじっくりと探ります。

今日も北西風+前日の雨の影響で潮はスケスケ、さらにタチウオ師によるプレッシャーも手伝って全くアタリがありません。

タチウオ師は南寄りに集中していて北に進むに連れて減って行き落とすスペースが増えてきました。

北寄りには同業者が3名ほど先行されていて、その内の上手そうな明らか常連風のおっちゃんに状況を尋ねてみると、3掛け2バラシで1枚釣られたとのこと。

※最終的にこのおっちゃんは6掛3バラシの3枚釣られていました。

おっちゃんによると現在のジャンボでは4番~6番の深いところにイガイが付いていて、このエリアでアタリが集中しているようです。1~3番ではイガイが付かずアタリは少ないので探る必要無し、という貴重な情報を頂きました。

昨日は1~6番まで満遍なく探っていたのでアタリのあるエリアを重点的に探れていなかったのが貧果の一因だったのかもしれませんね。

徳島津田ジャンボ 津田南波止

因みにおっちゃんが言う番号ですが、ここジャンボでは枝状のサンバシ?が全部で6本出ています。

この枝に南から北に向かって連番を振っておられました。

ワタクシのようなマスクを被った怪しい輩にも関わらず優しく教えて下さるだなんて、毎度のことながらジャンボで出会う釣り人の皆さんは人懐っこくて心が温まります。

ここからはおっちゃんの情報を参考に4~6番を行ったり来たりしながら探っていると、続々と同業者が集まって来ました。

皆さんこのエリアに魚が居ることをご存知なのですね♪

徳島津田ジャンボ 津田南波止

昨日もそうだったのですが今日は昨日にも増して潮が早く激流です。

この画像みたく何度も目の前に潮目が形成されてその潮目を境に潮流が右に左に目まぐるしく変わります。糸オモリの巻き数を増やして潮に引っ張られないように顎下にイガイを流し込む必要があり、とてもテクニカルで楽しいです。

4番付近であまり目印を水面に浮かべないように張り気味にして防弦材の下にイガイをドリフトさせると1ヒロ浅棚の止めアタリでヒット!

慎重にやり取りしてタモ入れに成功!

黒鯛(チヌ)

40cm強のパワフルなおチヌ様が釣れました!

いい感じにカンヌキにフッキングが決まっていますね~♪

リリースして再び落とし始めたところで近くのルアーマンが竿を曲げておられます!

徳島津田ジャンボ 津田南波止

指4本クラスの良型タチウオでした!

コアマンVJのフロントフックにガッツリとフッキングが決まってました!

7月にタチウオがオカッパリで釣れるだなんて不思議な感じがしますね。この御仁によるとここではヒラメやマゴチ等のフラットフィッシュも釣れ、タイミングによっては青物も回ってくるようでチヌに限らず多くの魚種が狙えるとのことです。

素晴らしい釣り環境で羨ましい限りですね。

貝グシャ

この後、貝グシャが1回あるだけで暫くアタリが遠退きます。8時が近づき常連さんも今日はダメだと諦めて帰って行きます。

ワタクシも早めに切り上げて帰ろうと潮がヨレている所だけをパッパと南下しながら落としていくと、3番付近で防弦材の下で目印ビタ止まり!

黒鯛(チヌ)

なんと常連さんが釣れないと言っていた3番付近で釣れました!

タチウオ師が居なくなって安心した魚が浮いてきていたのでしょうか。やはり変化があるところに魚が居ますね~。

この魚が釣れて満足したのでここで納竿としました。

まとめ

昨日のリベンジ!と意気込んで臨んだ今日の釣行、2掛2ゲット1貝グシャと3回のアタリで2枚釣ることができました。

リベンジと言えるかは微妙な釣果ですがなんとか坊主は免れました。地元の常連さんも苦戦されていたので釣れてよかったです。

梅雨爆のバコバコも楽しいですが偶にはこんなシビアな釣りも緊張感があって良いものですね。

梅雨爆のイージーモードに慣れすぎてしまうと渋ったときにモチベーションを維持しづらくなってしまうんですよね(;´д`)

Twitterを見ていると大阪湾でもこの3連休は渋かった模様ですね。

イガイもかなり落ちてきたことですし、これまでが「最盛期」だとするとこれからは「盛期」へと移行していきそうです。

昨日今日と2日間、短時間ですが美しいロケーションの中で釣りが出来て癒されました。

また来年も津田ジャンボに遠征する予定です♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

津田ジャンボの思い出

野々宮@くろこう.netさん(@kurodaikoshien)がシェアした投稿 –

2019/7/15 徳島県:小松島の潮回り

  • 潮:中潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    11:09(30) / 23:16(105)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    4:12(167) / 18:04(167)

本日のタックルはこちら

ダイワ(Daiwa) チヌ 磯竿 ブラックジャック スナイパー 落とし込み T-40UM 釣り竿

おまけ

テトラ前打ちやろうぜ!

西宮の自宅に戻り、夕方ちょこっと時間が出来たので近所のテトラに出撃!

16時から1時間だけ探るも全くアタリなくPBでした。

こんなことなら素直にジャンボの余韻に浸って家で大人しくしておけば良かった(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

※2019/07/18追記

7/14~15の2日間の釣行をまとめた動画をアップしました!

相変わらず切って繋いだだけの拙い内容で恐縮ですがよろしければご覧くださいませ♪

徳島津田ジャンボのハング下に潜むチヌを目印で釣る!
タイトルとURLをコピーしました