【大阪】舞洲シーサイドプロムナード周辺をポタリングしてきた

ブロンプトン M3L BROMPTON
この記事の所要時間: 1036

先週の日曜日に訪れた舞洲に折り畳み自転車のブロンプトンを持参しました。

海辺の写真をたくさん撮影してきたので記事として紹介します。何かの参考になれば幸いです。

最強の折りたたみ自転車「BROMPTON」

8年ほど前に自転車にハマっていた時期があり、その時に購入したのがイギリスの世界最小折りたたみ自転車「BROMPTON(ブロンプトン) M3L」でした。

ブロンプトン・バイシクルはイギリス人アンドリュー・リッチーが考案した折り畳み自転車。日本では単に「ブロンプトン」、英語では“The Brompton bicycle”と定冠詞をつけて呼ばれる。

参照元:ブロンプトン・バイシクル – Wikipedia

この自転車は折りたたむととても小さくなるので

ブロンプトン M3L BROMPTON

こんな風に車のラゲッジスペースに簡単に積んで出かけることが出来ます。

しかもかわいい見かけによらずよく走るので、妻と一緒にしまなみ海道を横断したことも有ります。

ブロンプトン M3L BROMPTON 亀老山展望公園にて

2009年9月 大島の亀老山展望公園にて。
あの頃のワタクシは若かった。

釣り用の折りたたみ自転車といえばDAHON(ダホン)が有名ですが、このBROMPTONはフロントにバッグをつけることが出来るので、荷物の積載能力も高く釣りにも最適です。

車に積んでおけば、淀川や武庫川など駐車場から釣り場まで離れたポイントへの釣行の際に便利です。

駐車場~海

大阪舞洲スポーツアイランド

舞洲緑地東駐車場に車を停めました。24時間営業で273台駐車可能です。

大阪舞洲スポーツアイランド

駐車場料金は比較的良心的です。

大阪舞洲スポーツアイランド

画面中央の建物はトイレです。この付近に駐車しました。

大阪舞洲スポーツアイランド

「洗車禁止」の張り紙と散乱したゴミ。
いきなり不安な気持ちにさせられます。

大阪舞洲スポーツアイランド

トイレ横の階段を上り左手に進みます。

大阪舞洲スポーツアイランド

こんな感じで緑の中を進みます。気持ちよいです。

大阪舞洲スポーツアイランド

坂を下ると海が見えてきました。

シーサイドプロムナード

大阪舞洲スポーツアイランド

ゲートから左側の景色。遠くに夢舞大橋が見えます。

大阪舞洲スポーツアイランド

右側の景色。対岸には北港夢島のサンバシが見えます。

大阪舞洲スポーツアイランド

後ろを振り返ってゲートをみると、「Maishima Green Sapce」のGが脱落していました。

大阪舞洲スポーツアイランド

この付近一帯は柵がされていて立入&釣り禁止となっておりました。

大阪舞洲スポーツアイランド

ウッドデッキが浸水していて滑って危ないからとのことです。なんだか勿体ないですね。

大阪舞洲スポーツアイランド

西の釣り場開放区を目指して進みます。柵だらけで景観も台無しです。

大阪舞洲スポーツアイランド

大噴水。1時間に1回水が上がるとのことでしたが、この日は一度も上がりませんでした。

大阪舞洲スポーツアイランド

落とし込み師の方が攻めておられました。

大阪舞洲スポーツアイランド

この街灯のある円形の岸壁から西側が釣り場開放区となります。

大阪舞洲スポーツアイランド

この日は子供連れの方が竿を出されていました。
柵があるので子供がいても安心ですね。

大阪舞洲スポーツアイランド

ここから遠くに見える壁までの区間が開放区です。
かなり短いですね。

大阪舞洲スポーツアイランド

壁の付近で少年がサビキ釣りをしていました。

大阪舞洲スポーツアイランド

真正面に北港サンバシが見えます。

大阪舞洲スポーツアイランド

西端からみた東方面。開放区だけあり足場は綺麗です。

大阪舞洲スポーツアイランド

水面の様子。この日はとても穏やかでした。

大阪舞洲スポーツアイランド

一気に東側に移動します。

大阪舞洲スポーツアイランド

この付近は特にウッドデッキの損傷が酷かったです。

大阪舞洲スポーツアイランド

これは酷い。

大阪舞洲スポーツアイランド

老夫婦が仲良く釣りをしていました。

大阪舞洲スポーツアイランド

ここからさらに東に進みます。

大阪舞洲スポーツアイランド

このあたりも一応釣り禁止とのことです。

大阪舞洲スポーツアイランド

このデコボコの護岸が通称「バリカン」と呼ばれる所以です。

大阪舞洲スポーツアイランド

際にはイガイの稚貝がびっしりと付いていました。

大阪舞洲スポーツアイランド

このあたりまでがシーサイドプロムナードとなります。

夢舞大橋

大阪舞洲スポーツアイランド

舞洲ベースボールスタジアムへと続く道です。
この道の左手に駐車場があります。

大阪舞洲スポーツアイランド

こちらの駐車場は22:30までとなっております。

大阪舞洲スポーツアイランド

ここから夢舞大橋間のエリアは柵が無くなります。
伸縮門扉があり、この日は開放されていました。

大阪舞洲スポーツアイランド

水面まではかなり低いです。

大阪舞洲スポーツアイランド

雰囲気は抜群です。

大阪舞洲スポーツアイランド

真上から見るとこんな感じ。
凹み部分の形状が場所により異なります。

大阪舞洲スポーツアイランド

西側の様子。背後は雑草が覆い茂っていました。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢洲大橋

柵がありましたがこのとおり朽ち果てていました。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢洲大橋

夢舞大橋が近付いてきました。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

橋脚付近は潮が良い感じにヨレています。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢洲大橋

緊急時には可動するとのことです。メカメカしさがカッコ良いです。

浮体式旋回可動橋で、通常時は橋の下を小型船舶しか航行できないが、緊急時(咲洲・夢洲間の航路が航行不可能となった場合)には可動部を旋回させ、大型船舶の航行も可能な構造となっている。

参照元:夢舞大橋 – Wikipedia

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

橋脚まではかなり近いです。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

この細い隙間を通ってさらに奥へと進みます。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

橋の麓には救命浮き輪が設置されています。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

「ルール・マナーを守り、釣りを楽しみましょう!!」
大阪市港湾局が釣りを黙認しているようです。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

この看板の周辺にゴミが散乱していました。いつかここで釣りができなくなるかもしれません。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

この日は少年が橋脚の際を狙ってルアーを投げていました。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

東側から見た夢舞大橋。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

最東端ではフカセ師の方が竿を出しておられました。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

最東端から東側を見て。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

とにかくゴミだらけ。悪臭を放っていて気分が悪くなりました。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

橋のすぐ裏手から外の道路にアクセスできます。

大阪舞洲スポーツアイランド 夢舞大橋

高架下は路駐ポイントになっていました。

まとめ

大阪舞洲スポーツアイランド

雑誌等で有名なポイントだけあり、当日は何名もの落とし込み師の方が代わる代わる竿を出されていました。

西端の釣り場開放区以外の場所はすべて釣り禁止のようですが、今のところ黙認されているみたいなので一度釣行してみたいと思います。

舞洲緑地で子供たちを遊ばせておいて、ワタクシはバリカンで釣り、なんてことが出来たら素敵なのですが、野々宮家では不可能な感じです。

にほんブログ村ランキング参加用バナー
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへにほんブログ村 釣りブログ 前打ち・落とし込みへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告