朝マヅメのNK!稚貝団子でテトラ穴撃ちをしてきました

西宮ケーソン
この記事の所要時間: 240

さて、今週は待ちわびた西宮帰省週です。というわけで、金曜日の夜から西宮に帰ってます。

土曜の朝、頑張って早起きをして久しぶりのNKに出撃して来ました。

NK

金曜日の仕事を終え、西宮に帰ったのが深夜12時前、翌日の朝マヅメ釣行のために神戸方面まで寄り道してイガイを採取しました。

しかし、稚貝ばかりで1枚内オモリで使えそうなものはありません。

贅沢は言ってられないので、とりあえずエサ箱に入る分だけ持ち帰りました。

帰宅後2時半頃に寝て、なんとか5時半に目覚めました。本当はもっと早く起きる予定だったのですが、体が動きませんでした。

西宮ケーソン

準備を済ませ車に飛び乗ります。NKに付いたのが6時過ぎ、足早に1コーナーを目指します。

西宮ケーソン

クレーン船は1隻だけ停留していました。NKといえばこのクレーン船ですよね

途中、階段をチェックしてみると稚貝がうっすらと付き始めていました。

1コーナー

西宮ケーソン

1コーナーに着きました。

南面外海側にはルアーマンが多数見受けられ、沖に向かってルアーを遠投しているようです。最近シーバスが好調みたいですね。

1コーナー内側でエサ掻きをしている方がいたので話しかけてみると、ミジ貝を分けてくださりました。

あとで分かったのですが、どうやらフォロワーのYOSHI氏だったようです!

毎度のことながらフォロワーさんと実際にお会いするのは照れくさいものですね。これからも釣り場でお会いしたときには宜しくお願いします。

この時、せっかく昨夜採取してきたエサ箱を車に忘れてきたことに気が付きます。取りに戻ろうかとも思ったのですが、せっかく新鮮な貝を入手したので、この貝だけを使って釣ることにしました。

いつもはフカセ師やエビ撒き師で賑わう1コーナーも貸切です。

急いで仕掛けを準備して落として行きます。エサは先ほどもらったミジ貝を団子でセットします。

西宮ケーソン

それでは穴を撃って行きます。

際穴を見るとかなり透けています。

風も無風に近くベタ凪です。

ひと通り探りましたがアタリなく、沈みテトラに移動します。

沈みテトラ

こちらに移動してきたタイミングで潮が動き出してバチャバチャと波気だってきました。

チャンス!とばかりに気合を入れて探って行きますが、アタリがありません。

ひと通りめぼしい穴を探りましたが反応無く、門限の時間が迫ってきたので納竿としました。

まとめ

なかなかタイミングが合わないですね。

エサの選択を誤ったのか、攻め方が違ったのか。翌日もリベンジ釣行決定です。

2017/5/20 兵庫県:尼崎の潮回り

  • 潮:長潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    9:47(86) /20:57(65)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    3:29(129) / 14:33(97)

本日のタックルはこちら

にほんブログ村ランキング参加用バナー
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへにほんブログ村 釣りブログ 前打ち・落とし込みへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告