尼崎~西宮バイクランガン!夕マヅメのテトラ際穴釣りの結果!

鳴尾浜
この記事の所要時間: 515

さて、本日も夕方から出撃してきました。

尼崎某所

本日の仕掛け

尼崎某所に着いたのが15時前、強い南西風の当たるノーゲストのテトラを攻略します。

本日の竿はT-42UM改(IM Ver.)を使用することにしました。

42の長さで一度際穴を釣ってみたかったのと、時間が若干早かったので、万が一、このポイントが芳しくなければ別のポイントに移動することを想定していたからです。

イガイの付け方

道糸4号ハリス3号50cmくらい、伊勢尼9号にガン玉2Bをチモト上のハリスに打ち、イガイをこのようにセットしました。

プロックス タモホルダーV3 アジャスタブルのフィールドテスト!

PROX プロックス タモホルダーV3 アジャスタブル

本日は、先日購入した、プロックスのタモホルダーV3アジャスタブルを初投入しました。タモを落とし込みベルトに差した際に、水平方向にオフセットさせたくて購入しました。

テトラを昇り降りする際、これまでは垂直にタモを差していたので、しゃがんだ時に尻栓部分をテトラにぶつけてバランスを崩してしまうことがありました。

こちらのタモホルダーV3の使用感を確かめる目的もありました。詳細は後日改めて記事にしてみようと思います。

雰囲気は良かったのですが…

それでは美味しそうな際穴を探って行きます!

尼崎某所

落とす!落とす!落とす!移動!

尼崎某所

落とす!落とす!落とす!移動!

尼崎某所

落とす!落とす!落とす!移動!

アタリがありません。イガイの大きさを変えて探って行きますがそれでも反応はありません。2mくらいまでの上層しか探っていないのが原因でしょうか。

それならば深めの棚も探ろうと思うのですが、道糸が思うように放出されません。

いつも使用しているコマンダーの場合、リールから道糸を出して軽く穂先をシャクればスルスルと道糸が出て行くのですが、T-42UM改の場合、シャクっても出て行かず、リールと1番ガイドの間にバカ糸が出来たままになります。

下がコマンダー、上がT-42UM改(IM Ver.)

下がコマンダー、上がT-42UM改(IM Ver.)

1番のUガイドの径に対して道糸が太すぎるのか?と気になったので帰宅後に比べてみましたが、Uガイドの大きさは肉眼では違いは分かりませんでした。

コマンダーの穂先はメタルトップに変更されていているのですが、穂先の材質違いによるものなのでしょうか?

結局、上層のみを先端から根元まで探り終えましたが一度もアタリがありませんでした。

これからの時合いに期待して、もう一往復しようかと迷ったのですが、当初の予定通り移動することにします。

念願のバイクランガン!

KLX125 バイクランガン

ワタクシがKLX125を購入した目的として、ランガンをしたかった、という思いがありました。

ところが、Uガイドの落とし込み竿や3本継ぎのヘチ竿の場合、一度仕掛けを切って片付けなければバイクで携行することができなかったので、ポイントの変更が億劫で仕方がありませんでした。

今回使用するテレガイドのT-42UM改(IM Ver.)は、まさにバイクランガンを想定した竿なので、画像の通り穂先を伸ばた状態で竿を縮め、仕掛けを切ることなくスムーズに移動することが出来ました。

西宮某所

結局いつものポイントに来ましたw

最初のポイントの近くにあるいつものテトラ帯に移動してきました。こちらも良く風が当たっていて、濁りもありノーゲストです。

縮めただけの竿を伸ばすだけで準備が出来たので、エサを付けてすぐさま落として行きます。

鳴尾浜

落とす!落とす!

!?

貝グシャ

違和感に反応して合わせましたが、貝グシャ。

すぐさまイガイを付け替えて近くに落とすと、

貝グシャ

またも、貝グシャ。どうやらかなり活性が高い模様です。

とここで、ポツポツと雨が降ってきました。雷もゴロゴロとなっていて危険な感じです。早めに釣って帰ろうと集中して探って行きます。

相変わらず、道糸が出しにくいので2m弱までの上層のみを探ります。

この後も何度か貝グシャと素針をくらったあと、1mくらい沈めたところで穂先を押さえ込むアタリ!

ふんがぁ~

と合わせると掛かりました!

キューン、ドーン!!!

猛烈に穴の奥に逃げ込もうとします!道糸は一切出さずにリールを押さえて耐えます!

このスリルが堪りません!

道糸を出さないように竿を緩めたり溜めたりと緩急をつけていると穴から出てきました。

一気に浮かせて空気を吸わせます。30cm玉枠にもだいぶん慣れてきたのでスームズにタモ入れに成功。

黒鯛

40cmあるなしの黒鯛でした。

黒鯛

綺麗にフッキングが決まりました。

この後、雷の音が明らかに近づいてきたので納竿としました。

あかん、3番のガイドが外れた

T-42UM

竿を片付けているときに、3番のIMガイドが外れてしまいました。大切な竿なので残念です。こちらは近日中に修理をしたいと思います。

※2016/08/26 修理しました!

壊れた落とし込み竿のガイドをエポキシ接着剤で修理してみた
さて、今回は先日外れてしまった落とし込み竿のガイドを修理しました。備忘録として記事にしてみます。 壊れたガイドの状態 今回修理するの...

まとめ

枚数を釣ることは出来ませんでしたが、テトラの釣りを楽しむことが出来ました。

もはやテトラでの釣りは、ロッククライミングのように昇り降りをすること自体が楽しいので、釣果はあまり関係ないのかもしれません。良い運動にもなるのでオススメです。

今回、初めて42の長さの竿で際穴を探ってみましたが、足元を探るには53よりもやりやすいですね。それに軽いので疲れにくいというのも良かったです。しかし、遠めを探るのは53の方が良さそうなので、状況に応じて使い分けていこうと思います。

さて、明日は午後から天気が崩れるみたいなのでテトラは危ないですね。

となると目印か?どこで落とすか?

2016/8/14 兵庫県:尼崎の潮回り

  • 潮:若潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    10:57(61) / 23:12(125)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    1:26(132) / 18:08(148)

本日の使用タックルはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告