テトラで前打ちするならハイパーVソール買っとけ、捗るぞ

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003
この記事の所要時間: 625

テトラポット前打ちは男のロマン

先日、念願のテトラポットでの前打ちデビューを果たしました。

参考記事

【西宮】テトラポット登っててっぺん先睨んだ結果!
昨日の釣果に浮かれ本日も夕方から出撃して来ました。 この表題に反応したあなた、ワタクシと気が合いそうですね。この記事のBGMは例の曲でお願...

残念ながら魚を釣ることはできませんでしたが、テトラポットを渡り歩きながらエサを投入して今か今かとアタリを待つ釣りはとてもスリリングで興奮しました。

そんな楽しいテトラ前打ちですが、テトラポットでの釣りは危険が伴うので十分な安全対策が必要です。ライフジャケットの着用は言わずもがなですが、滑落しないように滑らない靴を履く事が重要です。

そこで、テトラポットで滑らない靴として有名な日進ゴム社のハイパーVソールをAmazonでポチりました。

最強のテトラポット専用シューズ「ハイパーVソール」

Hyper V #003 購入動機

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003

ハイパーVソールにはたくさんの種類がありますが、ワタクシが購入したのは「Hyper V #003」という先芯なしのスニーカータイプのものになります。

テレビ番組「SASUKE2011秋」でファイナリストが着用したことで有名になったとのことです。

先芯入りタイプもあったのですが、テトラポットでの使用が前提なので先芯は不要と判断しました。Amazonのレビューを読んでいると先芯入りでテトラポットに登ると、踏ん張るのでつま先が痛くなるとのことでした。

カラーについては、実用性を考えると黒系の方が汚れが目立たなくて良さそうでしたが、白青のデザインがツボに入ったので白を選びました。ジーパンに合わせて履いてみたところ、違和感は全くありませんでした。

Hyper V #003 外観

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

hyperv-003 (65)

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

Hyper V #003 着用イメージ

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール STUDIO D'ARTISAN(ステュディオ・ダ・ルチザン)SD-107 スーパータイトストレート

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

ハイパーVソール #003ハイパーVソール

Hyper V #003 サイズ感

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

Amazonのレビューによると、サイズが大きめなので普段履いている靴の1サイズ小さ目を買うと良いと書かれておりました。

普段ワタクシが通勤時に履く革靴のサイズは25.5の3Eなのですが、あえて同じサイズのものを購入してみました。実際に履いてみたところ、確かに若干つま先が余る感じですが、特に問題が生じるほどではありませんでした。

次回購入する時には25.0を購入しようと思います。

Hyper V #003 インプレ

脅威のグリップ力

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

先日の釣行で、着用して乾いたテトラポットに登りましたが噂に違わぬ驚異のグリップ力でした。普段履いているVANSのスリッポンとは比べ物にならないくらいの性能です。

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

雨の日にレインウェアを着て濡れたテトラポットでも使用してみましたが、乾いた状態のテトラに比べると気持ちグリップ力が落ちるかな?というくらいで、ほぼ問題なくグリップしてくれました。

アッパー素材に撥水性は皆無なので、雨の日に使用するなら長靴タイプのものが良さそうです。

試しに濡れたぬるぬるの苔の上を踏んでみましたが、さすがにこれはグリップしませんでした。

そもそも前打ちで黒鯛を狙うなら、黒鯛に気配を悟られないように釣るのがセオリーで、苔の生えた水面近くまで降りて行って釣ることはナンセンス。よって、濡れたテトラでも上の方で普通に釣る分には特に問題なさそうです。

メッシュ素材で通気性抜群!

日進ゴム NISSHIN RUBBER 安全靴 HyperV 003 ハイパーVソール

ワタクシは恥ずかしい話、足汗がひどく普通の靴を履くとめちゃくちゃ蒸れてしまいます。なので通気性の良さをとても重視するのですが、この靴の通気性は凄いです。

バイクを運転していると、足の中に風が入ってきてスースーして寒いくらいでした。

先日の釣行では約3時間半ほど履きましたが、帰宅して靴を脱いでみても一切蒸れていませんでした。この通気性の良さはテトラポットでの釣りだけに使用するのは勿体ないレベルです。

これからの暑くなる季節に普通の防波堤でも履いてみようと思います。

片足285g(26.0cm)で軽い!

最初に靴を履いたときの印象はとにかく「軽い」ことでした。

これだけ軽いと長時間の釣行でも疲れずに済みそうです。

コストパフォーマンス最高!

実売価格3000円チョイです。この価格でこの性能の靴が手に入るなんて幸せです。

グリップ力も含めた耐久性についてはこれからの検証が必要ですが、この価格なら1シーズン毎に買い替えても問題ないレベルだと思います。

白青のカラーは汚れが目立ちやすい

これは購入前からある程度想定していましたが、やはり白青のカラーはすぐに汚れが目立ってきます。

ワタクシはよくジーパンに合わせて履いているのですが、くるぶし周りにジーパンの色移りがして青くなってしまいました。

実用性を重視するなら、汚れの目立ちにくいブラックかチョコを選択する方がよさそうです。

まとめ

価格と性能から見て現時点でおそらくテトラポット最強の靴、ハイパーVソール。

ワタクシがホームセンターや作業服店を見に行ったところ、販売されているのは先芯入りタイプばかりで、テトラポットに最適な今回ご紹介した先芯なしの#003を見かけることはありませんでした。

どうしても先芯なしタイプが欲しい方は実店舗で試着だけしてAmazonで購入する、という方法がオススメです。

いくら滑らないと言っても過信は禁物です。テトラポットで釣行の際には細心の注意を払うことが大切です。

※2016/05/21 追記

なんとスーパー落とし込み師マングース氏(以下マ氏)のブログ、BLACK STALKERでもご紹介頂きました!もはやテトラ前打ち師の必須アイテムですね!

テトラの前打ちにおけるラインメンディングで最も重要なのはフットワーク!

ラインを足でさばいてロッドワークでフォローするのが近代的なスタイルなんですね~

足場の悪いテトラでのフットワークを強力にバックアップしてくれるのはフットギアで、

いままでスパイクを履いていたのですがどーも音が気になっていました・・・

そこで、“くろこう.net” 野々宮さんから教えていただいた

Hiper_v_2

日進ゴム社 ハイパーVソール(Hyper V #003) を本日使用してみました!

ゴム底Vソールは気になっていた音も無く、軽く、驚異のグリップ力で SO GOOD!!

これはもうテトラ前打ちの最強タックルです♪♪ v( ̄ー ̄)v

参照元:BLACK STALKER : 5月21日 西宮湾奥

※2016/07/26 追記

穿き込んで行くうちに、ソールのVラバーが無くなってきてグリップ力が低下してくるようです。マ氏はさっそく2足目を追加購入されました。テトラでの使用はそれだけ過酷だということですね。

高いグリップ力の代償として、耐久性は低めのようです。

マ氏も気に入っていただいているようで何よりです。

※2016/09/25追記

ハイパーVソール hyperV 003

カラーによってソールの耐久性が異なる可能性が出てきました。

マ氏が購入された2足目のソールを見せて頂いたところ、特に負荷のかかりやすい先端部分のソールがかなり擦り減っていました。

ハイパーVソール hyperV 003

左側がワタクシのホワイトのソール。

テトラで何度も酷使してきましたが、右側のマ氏のブラックと比べてもまだまだソールが残っています。

ソールに色を付ける過程で耐久性が落ちているのか、それともマ氏がワタクシ以上に酷使されているのかは分かりませんが、少なくともソールがゴムの素材そのままのホワイトのほうが耐久性が高いようです。

次はスリッポンタイプのこちらを買い増ししようと思っております!VANSみたいでカッコいいっ!

にほんブログ村ランキング参加用バナー
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへにほんブログ村 釣りブログ 前打ち・落とし込みへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告