夕涼み目印!心地よい南西風が吹く夕方のMKを1往復してきました

南甲子園浜
この記事の所要時間: 235

さて、本日も昨日に引き続き夕方から出撃して来ました。

MK

南甲子園浜

ポイントに着いたのが16時過ぎ、南西風が強く吹いていて東面には沖からのウネリが入ってきています。濁りも効いていて雰囲気は最高です。

TwitterによるとMKの地主ことko_zo氏が先行されているようですが、状況は厳しい様子でキビレ1枚を釣られたのみで苦戦している模様。

まずは仕掛けを準備して東面から南下しながら落して行くことにします。

イガイ

エサは前日大阪で採取したイガイを使用します。

イガイ

場所によっては既にこんな風にたわわにイガイが付いています。羨ましい限りですね。

イガイ

今朝、ko_zo氏が稚貝で釣られていたので、ワタクシもイガイのみで押し通します。

イガイ

久しぶりにセットする内オモリのイガイ。糸オモリを針にくるくると巻きつける作業が大好きなので楽しいです。

それでは際キープを意識しながら落として行きます。

南甲子園浜

相変わらず新吹き出しからは勢い良く排水が出ております。もちろんこの付近を入念に探りますがアタリはありません。

東面、南東柵よりのもう一つの吹き出し付近で回収した仕掛けから貝が無くなるアタリがあり、すぐさま何度も落すも反応は無く、ko_zo氏が先行する南面に到達しました。

南甲子園浜

正面から南西風が当たります。際もバッチャバチャで今にも釣れそうです。

遠くを見渡すと、ko_zo氏をはじめ同業者はワタクシを入れて4名。かつて今の時期にMKでこんなに落とし込み師を見たことは無かったのですが、ここMKもメジャーになりましたね。

ダイワシーマチック68

風に目印が引っ張られてイガイを際に落としづらいところですが、なんとか仕掛けをコントロールして落します。

イガイ

エサを余らせても仕方ないので、頻繁にイガイの大きさを変えたり、付け方を繊維掛けにしてみたりと手を替え品を替え攻めるも反応を得られません。

南甲子園浜

途中、ko_zo氏と情報交換を行いましたが、やはり厳しい様子。

こんな写真を撮ったりしながらしばし雑談をします。

南甲子園浜

ko_zo氏がキビレを掛けた西端周辺まで来ました。

剥き出しになったハング周りを特に入念に探るもダメ。

ダイワシーマチック68

必死のパッチで落しましたが、門限の時刻が迫ってきたので納竿としました。

まとめ

大阪方面ではイガイで釣れる盛期に突入したもようですが、西宮の盛期はもう少し先のようです。テクニックやエサの選択よりもポイントの選択が重要だと感じる今日この頃です。

終了間際にヤケクソでTwitterで話題の「スキップ・テクトロ」ならぬ、「スキップ・ヘチリス」を試みましたが何も起こりませんでした(;´д`)

そもそも、ヘチリスも何も今日は目印ですから。意味無いですよね(;´д`)

2017/5/21 兵庫県:尼崎の潮回り

  • 潮:若潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    10:07(73) /21:53(67)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    3:56(133) / 15:52(110)

本日のタックルはこちら

にほんブログ村ランキング参加用バナー
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへにほんブログ村 釣りブログ 前打ち・落とし込みへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告