尼崎湾奥テトラにリベンジ釣行するも返り討ちにあってきました

丸島防波堤
この記事の所要時間: 610

単身赴任の魅力

西宮強化月間継続中w

というわけで、この3連休も西宮に帰省しております。

もう今月4回目ですね。

これだけ頻繁に西宮に帰ってくると、岡山には出張に行ってるような感覚で、とても単身赴任をしているようには思えなくなってきました。

交通費(1回14,000円!)がかなり痛手ですが、幼い娘たちも喜んでくれているので帰れるうちは帰ってこようかと。

今月はさらに年末、といっても今週の水曜日の夜ですが、またもや帰省するので、月に5回も新幹線に乗るのはやり過ぎた感があって反省しております(;´д`)

7万円あったらねぇ。色々買えますやん。

まぁ、家族との時間は「プライスレス」ということで。

Twitterにハマり過ぎ注意!

これだけ頻繁に往復していても、岡山に向かって帰るときの家族との別れは本当に辛いです。

ちなみに、いつも夕食を家族で食べて娘といっしょに風呂に入ってから帰ってます。

娘たちに「帰らないで」「何故岡山に行ってしまうの?」と言われると、申し訳ない気持ちで涙が出そう、ってゆうかバレないようにこっそり泣いてるんですけどね(;´д`)

「いつかこの別れに慣れる時が来るのか?」

「でも、そんな時が来たら終わりやな。」

とか、帰りの新幹線の中で毎回考えてしまいます。

そんな気持ちを紛らわせてくれるのがTwitterのフォロワーの皆さんとの楽しいやりとりです。実はめちゃくちゃ励みになってるんです。

ワタクシのしょーもないツイートに付き合って頂いてありがとうございます。

ところが、あまりにもTwitterにハマり過ぎて四六時中スマホを弄るワタクシの姿が家族の顰蹙を買いまくりで、別の意味で終わりが来てしまいそうです(;´д`)

本日も、とあるフォロワーさんからTwitterを通して新たな発見と出会いがあったとの報告があり、情報を発信している側としてとても嬉しく思いました。

オワコンだと言われるTwitterですが、ワタクシは

まだまだイケるんじゃね?

と思ってます。

落とし込み釣りに限らず、釣りにおいては何よりも「情報」が一番大きなファクターだと信じているのですが、その最新の情報を得ることが出来るのがTwitterだと思います。

もちろん、その真贋を見抜くには(ウソはウソであると云々)若干の慣れと経験が必要ですが、ブログほど大げさではなく、Facebookほど濃くなく、Instagramほど薄くもなく、調度良いのがTwitterの魅力であると感じております。

要約すると、西宮周辺の落とし込み釣りについて興味を持ったなら、ワタクシ@kurodaikoshienをフォローしてね!ということですわ(;´д`)

いや、

今日の出来事があまりにも嬉しかったので、少し思いのたけをブチ撒けてみましたよ!

AM

3連休最終日の本日は神戸メリケンパーク周辺に向かいました。

西宮に住んでいたときは、こんなベタなスポット、混んでいて不快だし、休日に家族で出掛けようだなんてコレっぽっちも思わなかったのですが、岡山に赴任してから何となく地元兵庫県の魅力について再確認をしようという風に考えるようになってきました。

そんな思いから、この3連休は神戸周辺のスポットに3日連続で出掛けてきました。もちろん、海辺を絡めてですが。

写真も沢山撮影したので、機会があれば別記事としてアップしてみようと思います。

神戸を満喫したところで、帰り道の43号線で右手に芦屋のフィッシングマックスが見えてきたので、ローソンのある交差点を思わず右折Uターン。

ライトゲーム用の竿を物色がてらカニを10匹購入しました。

カニを買ってから妻に少しだけ夕マヅメに釣りをさせて欲しいとお願いしてみたところ、なんとか了承を得ることに成功、一度帰宅した後に速攻で準備を済ませて車に飛び乗りました。

向かった先は、もちろん先週PBを喰らったテトラです。

厳しいのは承知のうえですが、どうしてもこのポイントで1枚釣りたかったのです。

ワタクシ、ブログを書いといてなんですが、釣果にそこまで拘りはありません。

なので、年間何枚釣っただとか、最大何センチ釣ったとか、あまり気にしてないです。時々聞かれることがあるのですが答えに詰まるんですよね。

釣りなんて楽しい趣味なんですから、過程を楽しむことが出来ればOK。数が釣れたら嬉しい!大きいのが釣れたらラッキー!釣れなければ今日は潮が悪かった!ってなもんで、そこまでストイックにならなくてもねぇ、というのがワタクシの考え。

そんなワタクシですが、唯一拘っていることが

「地元西宮(尼崎含む)で釣る!」

ということなんです。

あ、今は岡山港も地元ですね。

今年は色んな釣り場にも出向きましたが、それも地元西宮で釣るための引き出しを増やすためで、とにかく最終目的は西宮で釣りたいんです。

そもそも、落とし込み釣りを始めたのが、近所の海で手軽にめっちゃ引くそこそこ大きな魚が簡単に釣れる、というのがきっかけですから、近所の海で釣れなければ意味が無いんです。

遠征して釣るのも勿論楽しいのですが、同じ釣り場に通い続けるからこそ得られる知識であったり、仲間であったり、に魅力を感じるんですよね。

これだけ西宮、西宮としつこく書いてますけど、今回のポイントはアマ(尼崎)やんけ!というツッコミは勘弁して下さいw

自宅から車で20分弱で行けるので、ワタクシにとっては立派な近所の海なのです。

ポイントに着き、海を見てみると、見事なまでのベタ凪&透け透け。

正直、釣れる気はあまりしませんでしたが、とにかく釣り糸を垂らしたかったので仕掛けを準備します。

際穴釣りの仕掛けに必要な道具

今回持参したのは先週購入した仕掛けの余りです。

カニの付け方

伊勢尼7号にガン玉2Bを打ち、こんな感じで針に付けました。

丸島防波堤

それでは根元から先端に向かって、往路は際穴を、復路は沖目を狙って落として行きます。

途中、中間地点に4名ほどフカセ師が居たので、そこは回避して探って行きます。

もちろんアタリはありません。

アタリが無いまま先端付近に到達しました。

先端付近に、過去に落とせば必ず釣れた穴があるのですが、そこに落としてみるも反応はありません。際から魚が離れているのは間違いなさそうです。

復路、フカセ師も諦めて帰って行きます。

丸島防波堤

フカセ師が巻き散らかしたコマセのある場所で、コマセの効いているであろう沖目を狙って落として行きます。

丸島防波堤

一瞬、野○ソかと思えるくらいリアルな形をしていて気持ちが悪いです。

それにもめげずに攻めますが、反応はありません。

カニの付け方

ふとカニをチェックしてみると、左のハサミだけが食いちぎられてました。

アタリ?

全く分かりませんでした。

この後も、一度の魚信も感じることなく門限の時刻が迫ってきたので納竿としました。

まとめ

まぁ始める前から薄々予感していたことなので、精神的ダメージはありません。

さすがに今回でこのポイントに諦めは付いたので、次回から初心に帰ってホームを攻略したいと思います。

気が変わってガシラを釣っててもツッコまないで下さいね(;´д`)

2016/12/25 兵庫県:尼崎の潮回り

  • 潮:中潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    10:18(94)/23:27(31)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
  • 7:26(103)/16:11(116)

本日の使用タックルはこちら

にほんブログ村ランキング参加用バナー
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへにほんブログ村 釣りブログ 前打ち・落とし込みへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告