爆風の岡山湾奥でエフ・フォーティを思いっきり曲げてきました

旧岡山港
この記事の所要時間: 433

さて、本日昼からいつものオーバーハングポイントに出撃してきました。

旧岡山港

旧岡山港

ポイントに着いたのが12時前、陸から海に向けてかなり強めの風が吹いていました。

まだ潮位は低く、ギリギリハングは水に浸かっていましたが、フジツボの層は露出しておりました。

フジツボの付け方

早速仕掛けを準備し、フジツボをこんな感じで付けました。

今日はガン玉G6から始めてみます。ゆっくりとアプローチする作戦です。

ダイワ(Daiwa) ロッド ブラックジャックスナイパー 落し込み F-40UM

まずはハングから落としてみましたが、さすがに潮位が低すぎて釣れる気がしません。

旧岡山港

3~4回だけ落として奥の壁ポイントに移動します。

旧岡山港

こちらも透けてますが水深があるのでまだ釣れそうです。底のほうの柱をコスるイメージで落として行きます。

すると、

旧岡山港

水面付近を泳ぐ黒鯛?のような魚がゆらゆらと泳いでいました。

旧岡山港

タモで掬ってみると、なんと40cm近いフナでした。

向かいの児島湖から流されてきたのでしょうか?かなり弱っている様子でした。

今日の海は他にも見えチヌはもちろん、サヨリやシーバス、ボラにエイと生命感に溢れかえっていました。

しかしアタリはありません。

旧岡山港

壁を1往復してハングに戻ってみるとフジツボの層が水に浸かっていました。

ここからはハングを集中的に攻めることにします。

しばらく落としていると、ハング下を出入りする大きなエイが目に付きます。エイがイガイを食べることは知っていましたが、今の時期はフジツボを食べているのでしょうか?

エイにスレ掛かりしたら嫌だな~と思っていると、水面に浮かべた目印の真下から巨大なエイが出てきました!

びっくりしていると、8個目に浮かべた目印が「シュッ」と走りました!

反射的に合わせたところ

キューン、ドーン!!!

なんとヒットしました!

ハング下に猛烈に突っ込む引きは黒鯛に違いありませんっ!

しばらくエフ・フォーティの曲がり具合を楽しんでから、浮いてきたところでしっかりと空気を吸わせてからタモ入れ。

47cmの黒鯛(チヌ)

釣れたのは、30cm玉枠を大きくはみ出す47cmの黒鯛でした!

47cmの黒鯛(チヌ)

凛々しい顔をしています。

エイの下にチヌが居ることは有名ですが、まさか本当に釣れるとは思いませんでした。

満潮前の時合い到来か?と思い、素早くリリースして追加を狙います。

見えチヌが足元でヒラを打っているのですが、口元にフジツボを落としても逃げて行ってしまいます。

Twitterフォロワーのズバさんからサイトフィッシングのアドバイスを頂いて、それも試してみますがダメ。

と、ここで後ろから騒がしい声が聞こえたので振り返ってみると、同業者らしき3人組が現れます。

realfake

「ツレマスカ?」

などと訳のわからない言葉を発しながら、ワタクシが気配を殺して落とし進めている方向に、しかも足下で見えチヌがヒラを打っている低場を思いっきり足音を立てて魚を蹴散らして行きあそばされました┐(‘~`;)┌

見た目から、てっきり空気の読める同業者だとばかり思ったのですが、勘違いだったようですね。。。

この影響かどうかは分かりませんが、ここからアタリがぱたりと遠のいてしまいます。

旧岡山港

すっかり日が傾いて、かなり寒くなってきました。

もう帰ろうかと諦めかけていたところで目印に違和感。聞き合わせてみると素針!

なんと、アタリです。

すぐさまフジツボを付け替えて同じところに落としてみると、ハリスを馴染ませてから1つ目の目印を浮かべたところで

ピタッ

止まりました!

右腕を振り上げて合わせると掛かりました!

キューン、コンコン!

ダイワ(Daiwa) ロッド ブラックジャックスナイパー 落し込み F-40UM

あまり引きませんが、竿が曲がるので楽しいです!

弱弱しい引きで一気に浮かせて上がってきたのは玉枠サイズの小さな黒鯛でした。

今度こそ、

すわっ、夕マズメの時合い到来か?

と思い、素早くエサを付け替えて少し離れた場所に落とすと、またもやハリスが馴染んだところで目印が止まります!

思いっきり右腕を振り上げて合わせると掛かりました!

キューン、ドーーン!!!!

強烈な引きです!猛烈にハング下に突っ込みます!

あわてて低場に飛び降りて、ファイトします!

ダイワ(Daiwa) ロッド ブラックジャックスナイパー 落し込み F-40UM

この日もいつもと同じくハリスは1号。

少しでもハングで擦れるとラインブレイクは必至です。そこで穂先を水中に突っ込んで魚との角度を保ちます。

この前、ここで51cmの年無しを釣っているので気持ちに余裕があります。

そこで、こんな動画を獲ったりしながら

BLACK STALKERのマングース氏

このイメージで耐えていると、やっと魚が浮いてきました。

49cmの黒鯛(チヌ)

10分以上は経過したでしょうか。

49cmの黒鯛(チヌ)

引き上げるタモにずっしりと重みを感じます。

49cmの黒鯛(チヌ)

測ってみると、惜しくも年無しに1cm足らず、尾鰭の立派な49cmの黒鯛でした

49cmの黒鯛(チヌ)

恐ろしい顔つきです。

続ければまだ釣れそうな感じでしたが、この魚で満足したのでここで納竿としました。

まとめ

軟調のエフ・フォーティでする細ハリスでのオーバーハングの釣りは病みつきになります。水深約1m以内で良型の黒鯛が釣れるなんて最高ですよね。

今シーズンも残すところ後わずかですが、釣れなくなるまで釣り続けますよ!

2016/11/06 岡山県:宇野の潮回り

  • 潮:小潮
  • 干潮(時間)  潮位(cm)
    8:15(42) /21:58(108)
  • 満潮(時間)潮位(cm)
    1:51(183) / 15:26(239)

本日のタックルはこちら

ダイワ(Daiwa) ロッド ブラックジャックスナイパー 落し込み F-40UM

エフ・フォーティ、最高に楽しい目印竿だぜっ!!!

にほんブログ村ランキング参加用バナー
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへにほんブログ村 釣りブログ 前打ち・落とし込みへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告